業績一覧

2018年業績
【欧文著書】
Hisatsugu Goto, Yasuhiko Nishioka. ALK and Others: How Important Are ALK and Other Mutations in the Management of Lung Cancer? Clinical Relevance of Genetic Factors in Pulmonary Diseases, Takeshi Kaneko, Editor, pp295-315, 2018. Springer.
【欧文総説等】
Goto H, Nishioka Y. Fibrocytes: A Novel Stromal Cells to Regulate Resistance to Anti-Angiogenic Therapy and Cancer Progression. Int J Mol Sci 19(1):98, 2018.
【欧文原著】
Ogino H, Hanibuchi M, Sakaguchi S, Toyoda Y, Tezuka T, Kawano H, Kakiuchi S, Otsuka K, Saijo A, Azuma M, Nokihara H, Goto H, Nishioka Y. The clinical features of older patients with lung cancer in comparison with their younger counterparts. Respir Investig, in press.

Hanibuchi M, Kakiuchi S, Atagi S, Ogushi F, Shimizu E, Haku T, Toyoda Y, Azuma M, Kondo M, Kawano H, Otsuka K, Sakaguchi S, Nokihara H, Goto H, Nishioka Y. A multicenter, open-label, phase II trial of S-1 plus carboplatin in advanced non-small cell lung cancer patients with interstitial lung disease. Lung Cancer, in press.

Ogawa H, Azuma M, Tsunematu T, Morimoto Y, Kondo M, Tezuka T, Nishioka Y, Tsuneyama K. Neutrophils induce smooth muscle hyperplasia via neutrophil elastase-induced FGF-2 in a mouse model of asthma with mixed inflammation. Clin Exp Allergy, in press.

Chikugo M, Sebe M, Tsutsumi R, Iuchi M, Kishi J, Kuroda M, Harada N, Nishioka Y, Sakaue H. Effect of Janus kinase inhibition by tofacitinib on body composition and glucose metabolism. J Med Invest 65(3,4):166-170, 2018.

Maher TM, Stowasser S, Nishioka Y, White ES, Cottin V, Noth I, Selman M, Blahova Z, Wachtlin D, Diefenbach C, Jenkins RG. Investigating the effects of nintedanib on biomarkers of extracellular matrix turnover in patients with IPF: design of the randomised placebo-controlled INMARK trial. BMJ Open Resp Res 5:e000325, 2018.

Arasada RR, Shilo K, Yamada T, Zhang J, Yano S, Ghanem R, Wang W, Takeuchi S, Fukuda K, Katakami N, Tomii K, Ogushi F, Nishioka Y, Talabere T, Misra S, Duan W, Fadda P, Rahman MA, Nana-Sinkam P, Evans J, Amann J, Tchekneva EE, Dikov MM, Carbone DP. Notch3-dependent β-catenin signaling mediates EGFR TKI drug persistence in EGFR mutant NSCLC. Nat Commun 9(1):3198, 2018.

Kondo M, Ogino H, Ogawa H, Afroj T, Toyoda Y, Sakaguchi S, Tsuboi M, Bando Y, Goto H, Tsuneyama K, Nishioka Y. A case of pulmonary pleomorphic carcinoma with malignant phenotypes induced by ZEB1-associated epithelial-mesenchymal transition. Respir Med Case Rep 25:119-121, 2018.

Bellaye PS, Yanagihara T, Granton E, Sato S, Shimbori C, Upagupta C, Imani J, Hambly N, Ask K, Gauldie J, Iglarz M, Kolb M. Macitentan reduces progression of TGF-β1-induced pulmonary fibrosis and pulmonary hypertension. Eur Respir J 52(2): pii1701857, 2018.

Homma S, Bando M, Azuma A, Sakamoto S, Sugino K, Ishii Y, Izumi S, Inase N, Inoue Y, Ebina M, Ogura T, Kishi K, Kishaba T, Kido T, Gemma A, Goto Y, Sasaki S, Johkoh T, Suda T, Takahashi K, Takahashi H, Taguchi Y, Date H, Taniguchi H, Nakayama T, Nishioka Y, Hasegawa Y, Hattori N, Fukuoka J, Miyamoto A, Mukae H, Yokoyama A, Yoshino I, Watanabe K; Ministry of Health, Labour and Welfare, the Study Group on Diffuse Pulmonary Disorders, Scientific Research/Research on Intractable Diseases, and Japanese Respiratory Society. Japanese guideline for the treatment of idiopathic pulmonary fibrosis. Respir Investig 56(4):268-291, 2018.

Kishi S, Minato M, Saijo A, Murakami N, Tamaki M, Matsuura M, Murakami T, Nagai K, Abe H, Nishioka Y, Doi T. A Case of IgA Nephropathy after Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Squamous Cell Carcinoma. Intern Med 57(9):1259-1263, 2018.

Itai S, Ohishi T, Kaneko MK, Yamada S, Abe S, Nakamura T, Yanaka M, Chang YW, Ohba SI, Nishioka Y, Kawada M, Harada H, Kato Y. Anti-podocalyxin antibody exerts antitumor effects via antibody-dependent cellular cytotoxicity in mouse xenograft models of oral squamous cell carcinoma. Oncotarget 9(32):22480-22497, 2018.

Tabata S, Yamamoto M, Goto H, Hirayama A, Ohishi M, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Ikeda R, Haraguchi M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Saijo A, Toyoda Y, Hanibuchi M, Nishioka Y, Sone S, Esumi H, Tomita M, Soga T, Furukawa T, Akiyama SI. Thymidine catabolism promotes NADPH oxidase-derived reactive oxygen species (ROS) signalling in KB and yumoto cells. Sci Rep 8(1):6760, 2018.

Kozai H, Toyoda Y, Goto H, Kishi J, Tobiume M, Yamashita Y, Nishimura H, Kondo M, Kawano H, Nishioka Y. A case of interstitial pneumonia associated with anti-PL-7 antibody in a patient with rheumatoid arthritis. J Med Invest 65(1,2):147-150, 2018.

Bellaye PS, Shimbori C, Upagupta C, Sato S, Shi W, Gauldie J, Ask K, Kolb M.Lysyl Oxidase-like 1 Protein Deficiency Protects Mice from AdTGF-β1 induced Pulmonary Fibrosis. Am J Respir Cell Mol Biol 58(4):461-470,2018.

Saijo A, Goto H, Nakano M, Mitsuhashi A, Aono Y, Hanibuchi M, Ogawa H, Uehara H, Kondo K, Nishioka Y. Bone marrow-derived fibrocytes promote stem cell-like properties of lung cancer cells. Cancer Lett 421:17-27, 2018.

Goto H, Okano Y, Machida H, Hatakeyama N, Ogushi F, Haku T, Kanematsu T, Urata T, Kakiuchi S, Hanibuchi M, Sone S, Nishioka Y. Phase II study of tailored S-1 monotherapy with a 1-week interval after a 2-week dosing period in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer. Respir Investig 56(1):80-86, 2018.

Bellaye PS, Shimbori C, Yanagihara T, Carlson DA, Hughes P, Upagupta C, Sato S, Wheildon N, Haystead T, Ask K, Kolb M. Synergistic role of HSP90α and HSP90β to promote myofibroblast persistence in lung fibrosis. Eur Respir J 51(2):pii1700386, 2018.

Nishijima H, Kajimoto T, Matsuoka Y, Mouri Y, Morimoto J, Matsumoto M, Kawano H, Nishioka Y, Uehara H, Izumi K, Tsuneyama K, Okazaki IM, Okazaki T, Hosomichi K, Shiraki A, Shibutani M, Mitsumori K, Matsumoto M. Paradoxical development of polymyositis-like autoimmunity through augmented expression of autoimmune regulator (AIRE). J Autoimmun 86:75-92, 2018.
【和文著書】
小山壱也, 西岡安彦.テロメア伸長と肺線維症.呼吸器疾患診断疾患アプローチ4「間質性肺炎・肺線維症と類縁疾患」 三嶋理晃 総編集, 吾妻安良太 専門編集 pp20-25,2018.中山書店.
【和文総説】
小山壱也, 西岡安彦.テロメア伸長と肺線維症.呼吸器内科 34(3):300-303, 2018.

荻野広和, 後東久嗣, 西岡安彦.咳嗽の原因として見逃してはならない腫瘍.呼吸器ジャーナル 66(3):458-465, 2018.

豊田優子, 西岡安彦.薬剤性肺障害.呼吸器内科 34(Suppl.1):454-461, 2018.

西岡安彦.質疑応答 プロからプロへ「全身性エリテマトーデスにおけるべリムマブ(ベンリスタR)の使用法」(質問者).日本医事新報 4908:55, 2018.

豊田優子,西岡安彦.ニンテダニブ単独療法.呼吸器ジャーナル 66(2):229-235, 2018.

西岡安彦.間質性肺炎の診断と治療〜最近の進歩〜.日本内科学会雑誌 107(3):505-509, 2018.

森住俊,河野弘,豊田優子,小山壱也,西村春佳,香川耕造,後東久嗣,西岡安彦.ブレオマイシン肺線維症モデルにおける線維芽細胞増殖因子受容体阻害薬の抗線維化効果の検討.分子呼吸器病 22(1):96-98, 2018.

後東久嗣,西條敦郎,西岡安彦.がんの進展における線維細胞の機能と役割〜血管新生阻害薬耐性とがん幹細胞様細胞の誘導〜.分子呼吸器病 22(1):49-51, 2018.

西岡安彦.質疑応答 プロからプロへ「強皮症に合併した間質性肺炎の治療法」(回答者).日本医事新報 4898:54-55, 2018.
【学会発表-国際学会】
Hiroshi Kawano, Kazuya Koyama, Haruka Nishimura, Yuko Toyoda, Kozo Kagawa, Seidai Sato, Nobuhito Naito, Hisatsugu Goto, Yutaka Inagaki, Yasuhiko Nishioka. Development of improved method to identify and analyze lung fibrocytes with flow cytometry in a reporter mouse strain. ERS International Congress 2018. Paris,France. 2018年9月16日.

Hisatsugu Goto, Taito Yamago, Atsuro Saijo, Hirokazu Ogino, Makoto Tobiume, Kenji Otsuka, Hiroyuki Kozai, Hiroto Yoneda, Hiroshi Nokihara, and Yasuhiko Nishioka. Involvement of insulin-like growth factor in RANKL-targeted therapy in mouse model of lung cancer bone metastasis. ATS 2018 International Conference. San Diego,CA,USA. 2018年5月23日.

Kazuya Koyama, Kozo Kagawa, Haruka Nishimura, Hiroshi Kawano, Yuko Toyoda, Hisatsugu Goto, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Yasuhiko Nishioka. Novel Multi-tyrosine Kinase Inhibitor TAS-115 Attenuates Bleomycin-induced Pulmonary Fibrosis In Mice. ATS 2018 International Conference. San Diego,CA,USA. 2018年5月21日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦.特発性肺線維症の診断と治療〜抗線維化薬の意義〜.第81回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会九州支部秋季学術講演会 ランチョンセミナー.長崎.2018年10月6日.

吾妻雅彦.ぜんそくの治療で大切なこと.第257回徳島医学会学術集会市民公開シンポジウム.徳島.2018年8月5日.

西岡安彦.肺がん進展に関わる線維細胞の機能解析から治療への展開.第27回日本がん転移学会 学術集会・総会 シンポジウム2.横浜.2018年7月19日.

西岡安彦.肺癌治療における免疫チェックポイント阻害剤の位置づけと新展開.第108回日本肺癌学会関西支部学術集会 ランチョンセミナー.大阪.2018年6月30日.

西岡安彦.進化する肺がんの治療 〜進むゲノム医療の現場から〜.第31回日本癌学会市民公開講座.徳島.2018年5月27日.

後東久嗣.血管新生.第22回日本がん分子標的治療学会学術集会(教育セミナー).東京.2018年5月17日.

西岡安彦.肺がん診療の最前線 〜進む分子診断と個別化医療〜.第17回日本癌治療学会市民公開講座.徳島.2018年4月14日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
森戸克弥, 清水良多, 高橋尚子, 下澤伸行, 東桃代, 河野弘, 西岡安彦, 福田達也, 小暮健太朗, 田中保. 第91回日本生化学会大会. 京都.2018年9月24-26日.

荻野広和,埴淵昌毅,柿内聡司,安宅信二,大串文隆,清水英治,葉久貴司,大塚憲司,西條敦郎,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.間質性肺炎合併未治療進行非小細胞肺癌に対するTS-1+CBDCA併用療法の第U相臨床試験.第16回日本臨床腫瘍学会学術集会.神戸.2018年7月21日.

吾妻雅彦,湊義彰,木下勝弘,近藤真代,西岡安彦.クリーニング業の夫婦に発症した夏型過敏性肺炎例.第49回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会.横浜.2018年7月20日.

西條敦郎,後東久嗣,香西博之,飛梅亮,荻野広和,米田浩人,西岡安彦.肺がんの悪性胸水に対する bevacizumab の有効性と耐性化機序の解析.第27回日本がん転移学会 学術集会・総会.横浜.2018年7月19日.

近藤真代,手塚敏史,小川博久,吾妻雅彦,西岡安彦.リゾフォスファチジン酸を標的にしたアレルギー性気道炎症制御についての検討.第67回日本アレルギー学会学術大会.千葉.2018年6月22日.

小川博久,吾妻雅彦,近藤真代,西岡安彦. 神経成長因子(NGF)の難治性喘息における気道過敏性亢進に対する役割とそのメカニズム. 第67回日本アレルギー学会学術大会.千葉.2018年6月22日.

豊田優子,小山壱也,西村春佳,香川耕造,西條敦郎,飛梅亮,荻野広和,米田浩人,西岡安彦. 乳癌患者の放射線治療後に発症した放射線肺炎における気管支肺胞洗浄液の臨床的検討. 第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京. 2018年5月25日.

香川耕造,豊田優子,西條敦郎,飛梅亮,荻野広和,米田浩人,小山壱也,西村春佳,西岡安彦. EBUS-TBNA後に縦隔炎を発症した症例における危険因子の検討. 第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京. 2018年5月24日.

大塚憲司,後東久嗣,荻野広和,西條敦郎,埴淵昌毅,西岡安彦. 肺癌・悪性胸膜中皮腫マウスモデルにおける免疫チェックポイント阻害薬と化学療法の併用効果. 第22回日本がん分子標的治療学会学術集会.東京.2018年5月17日.

荻野広和,後東久嗣,大塚憲司,西條敦郎,埴淵昌毅,西岡安彦. 線維細胞が腫瘍免疫に及ぼす影響についての検討. 第22回日本がん分子標的治療学会学術集会.東京.2018年5月16日.

飛梅亮,荻野広和,Afroj Tania,後東久嗣,軒原浩,吉田光輝,川上行奎,滝沢宏光,小川博久,常山幸一,西岡安彦.上皮間葉転換 (EMT)が肺多形癌の悪性化に寄与する可能性についての検討.第58回日本呼吸器学会学術講演会.大阪.2018年4月28日.

小山壱也,豊田優子,西村春佳,香川耕造,森住俊,河野弘,後東久嗣,西岡安彦.マウス肺線維症モデルにおけるmulti-tyrosine kinase inhibitor TAS-115の抗線維化効果の検討.第58回日本呼吸器学会学術講演会.大阪.2018年4月28日.

西村春佳,森住俊,豊田優子,鈴江涼子,小山壱也,香川耕造,内藤伸仁,河野弘,後東久嗣,西岡安彦. 当院における特発性肺線維症に対するNintedanibの治療症例の検討.第58回日本呼吸器学会学術講演会.大阪.2018年4月27日.

内藤伸仁,河野弘,山下雄也,近藤真代,荻野広和,豊田優子,岸潤,後東久嗣,西岡安彦.アザチオプリン併用療法が有効であった間質性肺炎合併抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の3例.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会.東京.2018年4月26日.

豊田優子,埴淵昌毅,柿内聡司,安宅信二,大串文隆,清水英治,葉久貴司,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.間質性肺炎合併未治療進行非小細胞肺癌に対するTS-1+CBDCA併用療法の第U相臨床試験.第115回日本内科学会総会・講演会.京都.2018年4月14日.

荻野広和,埴淵昌毅,西條敦郎,大塚憲司,豊田優子,後東久嗣,西岡安彦. 徳島大学病院の肺癌症例において高齢者と若年者を比較した後ろ向き研究.第115回日本内科学会総会・講演会.京都.2018年4月14日.
【学会発表-国内地方学会】
近藤真代,坂東弘基,香川耕造,西村春佳,小山壱也,佐藤正大,豊田優子,吾妻雅彦,小川博久,後東久嗣,西岡安彦.リゾフォスファチジン酸を標的にしたアレルギー性気道炎症制御についての検討.第257回徳島医学会学術集会.徳島.2018年8月5日.

橋直希,荻野広和,埴淵昌毅,西條敦郎,飛梅亮,香西博之,米田浩人,福家麻美,三橋惇志,宮本憲哉,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.当科における高齢者肺癌の臨床的検討.第257回徳島医学会学術集会.徳島.2018年8月5日.

森あずさ,内藤伸仁,山ア博輝,林理恵,坂東紀子,原田沙希,河野弘,豊田優子,後東久嗣,梶龍兒,久保宜明,西岡安彦.免疫介在性壊死性ミオパチーの1例. 第257回徳島医学会学術集会.徳島.2018年8月5日.

三橋惇志,香川耕造,米田浩人,西條敦郎,飛梅亮,荻野広和,近藤真代,橋直希,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.当科における免疫チェックポイント阻害薬による薬剤性間質性肺疾患の検討。第59回日本呼吸器学会中国・四国地方会/第57回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会 若手向けの教育セミナー. 出雲.2018年7月15日.
 
森文香,米田浩人,近藤真代,荻野広和,飛梅亮,西條敦郎,福家麻美,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.複視を発症し、斜台部腫瘍を契機に診断された非小細胞肺癌の1例.第57回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会.出雲.2018年7月14日.

國重道大,米田浩人,河野弘,西條敦郎,飛梅亮,近藤真代,坂東弘基,小川博久,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.腸型肺腺癌の1 例.第57回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会.出雲.2018年7月14日.

坂東紀子,豊田優子,河野弘,佐藤正大,小山壱也,西村春佳,香川耕造,内藤伸仁,吾妻雅彦,西岡安彦.当科で経験した抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎合併間質性肺炎の臨床像の検討.第59回日本呼吸器学会中国・四国地方会.出雲.2018年7月14日.

多幡有莉乃,荻野広和,西條敦郎,香西博之,近藤真代,坂東良美,松本大資,後東久嗣,滝沢宏光,西岡安彦.悪性胸水を契機に診断された放射線誘発血管肉腫の1 例.第59回日本呼吸器学会中国・四国地方会.出雲.2018年7月14日.

内藤伸仁,森田優,香川耕造,近藤真代,西村春佳,河野弘,豊田優子,岸潤,後東久嗣,西岡安彦.Tocilizumab が有効であった重症成人発症スティル病の1 例.第118回日本内科学会四国地方会.徳島.2018年6月3日.

米田浩人,荻野広和,香西博之,大塚憲司,飛梅亮,西條敦郎,豊田優子,後東久嗣,軒原浩,西岡安彦.当科における Pembrolizumab の使用経験.第118回日本内科学会四国地方会.徳島.2018年6月3日.

美馬正人,荻野広和,近藤真代,香西博之,大塚憲司,飛梅亮,佐藤正大,豊田優子,後東久嗣,西岡安彦.特発性肺骨化症の2 例.第118回日本内科学会四国地方会.徳島.2018年6月3日.

宮本綾香,香西博之,荻野広和,近藤真代,大塚憲司,小山壱也,豊田優子,吾妻雅彦,西岡安彦.肺M.chelonae 症の経過中に診断された肺M.massiliense 症の1例. 第118回日本内科学会四国地方会.徳島.2018年6月3日.

内藤伸仁,森田優,大塚憲司,河野弘,豊田優子,岸潤,後東久嗣,西岡安彦.Tocilizumabが有効であった重症成人発症スティル病の1例.第256回徳島医学会学術集会.徳島.2018年2月11日.
2017年業績
【欧文総説等】
Sato S, Kolb MR. Personalised medicine for IPF: getting closer, but not there yet. Lancet Respir Med 5(11):836-837, 2017.
【欧文原著】
Sato S, Shinohara S, Hayashi S, Morizumi S, Abe S, Okazaki H, Chen Y, Goto H, Aono Y, Ogawa H, Koyama K, Nishimura H, Kawano H, Toyoda Y, Uehara H, Nishioka Y. Anti-fibrotic efficacy of nintedanib in pulmonary fibrosis via the inhibition of fibrocyte activity. Respir Res 18(1):172, 2017.

Nagai K, Kishi J, Morizumi S, Minakuchi J, Bando Y, Nishioka Y, Doi T. Henoch-Schonlein purpura nephritis occurring postpartum in a patient with anti-PL-7 anti-synthetase syndrome. Mod Rheumatol 27(5):910-913, 2017.

Kaneko MK, Kunita A, Yamada S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Ogasawara S, Ohishi T, Abe S, Itai S, Harada H, Kawada M, Nishioka Y, Fukayama M, Kato Y. Antipodocalyxin Antibody chPcMab-47 Exerts Antitumor Activity in Mouse Xenograft Models of Colorectal Adenocarcinomas. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother 36(4):157-162, 2017.

Tabata S, Yamamoto M, Goto H, Hirayama A, Ohishi M, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Ikeda R, Haraguchi M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Saijo A, Hanibuchi M, Nishioka Y, Sone S, Esumi H, Tomita M, Soga T, Furukawa T, Akiyama SI. Thymidine Catabolism as a Metabolic Strategy for Cancer Survival. Cell Rep 19(7):1313-1321, 2017.

Kaneko MK, Nakamura T, Kunita A, Fukayama M, Abe S, Nishioka Y, Yamada S, Yanaka M, Saidoh N, Yoshida K, Fujii Y, Ogasawara S, Kato Y. ChLpMab-23: Cancer-Specific Human-Mouse Chimeric Anti-Podoplanin Antibody Exhibits Antitumor Activity via Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother 36(3):104-112, 2017.

Kaneko MK, Yamada S, Nakamura T, Abe S, Nishioka Y, Kunita A, Fukayama M, Fujii Y, Ogasawara S, Kato Y. Antitumor activity of chLpMab-2, a human-mouse chimeric cancer-specific antihuman podoplanin antibody, via antibody-dependent cellular cytotoxicity. Cancer Med 6(4):768-777, 2017.

Saijo A, Hanibuchi M, Goto H, Toyoda Y, Tezuka T, Nishioka Y. An analysis of the clinical features of lung cancer in patients with connective tissue diseases. Respir Investig 55(2):153-160, 2017.

Kakiuchi S, Hanibuchi M, Tezuka T, Saijo A, Otsuka K, Sakaguchi S, Toyoda Y, Goto H, Kawano H, Azuma M, Ogushi F, Nishioka Y. Analysis of acute exacerbation of interstitial lung disease associated with chemotherapy in patients with lung cancer: a feasibility of S-1. Respir Investig 55(2):145-152, 2017.

Kato Y, Kunita A, Fukayama M, Abe S, Nishioka Y, Uchida H, Tahara H, Yamada S, Yanaka M, Nakamura T, Saidoh N, Yoshida K, Fujii Y, Honma R, Takagi M, Ogasawara S, Murata T, Kaneko MK. Antiglycopeptide Mouse Monoclonal Antibody LpMab-21 Exerts Antitumor Activity Against Human Podoplanin Through Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity and Complement-Dependent Cytotoxicity. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother 36(1):20-24, 2017.

Kaneko MK, Abe S, Ogasawara S, Fujii Y, Yamada S, Murata T, Uchida H, Tahara H, Nishioka Y, Kato Y. Chimeric Anti-Human Podoplanin Antibody NZ-12 of Lambda Light Chain Exerts Higher Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity and Complement-Dependent Cytotoxicity Compared with NZ-8 of Kappa Light Chain. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother 36(1):25-29, 2017.

Oyama Y, Enomoto N, Suzuki Y, Kono M, Fujisawa T, Inui N, Nakamura Y, Kuroishi S, Yokomura K, Toyoshima M, Imokawa S, Oishi K, Watanabe S, Kasahara K, Baba T, Ogura T, Ishii H, Watanabe K, Nishioka Y, Suda T. Evaluation of urinary desmosines as a noninvasive diagnostic biomarker in patients with idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis (PPFE). Respir Med 123:63-70, 2017.

Kaneko MK, Nakamura T, Honma R, Ogasawara S, Fujii Y, Abe S, Takagi M, Harada H, Suzuki H, Nishioka Y, Kato Y. Development and characterization of anti-glycopeptide monoclonal antibodies against human podoplanin using glycan-deficient cell lines generated by CRISPR/Cas9 and TALEN. Cancer Med 6(2):382-396, 2017.
【和文著書】
豊田優子, 西岡安彦.ランゲルハンス細胞組織球症.気管支肺胞洗浄「BAL」法の手引き 改訂第3版,日本呼吸器学会びまん性肺疾患学術部会, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業びまん性肺疾患調査研究班 編, 2017. pp128-131.克誠堂出版.

埴淵昌毅,西岡安彦.分子生物学的にみた間質性肺炎および肺癌.間質性肺炎合併症肺癌に関するステートメント,日本呼吸器学会 腫瘍学術部会・びまん性肺疾患学術部会 編集, 2017.pp13-18. 南江堂.

後東久嗣, 西岡安彦.肺胞微石症.難治性びまん性肺疾患診療の手引き,日本呼吸器学会 監修, 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「びまん性肺疾患に関する調査研究」班 難治性びまん性肺疾患診療の手引き作成委員会* 編集, 2017. pp2-15.南江堂.

埴淵昌毅,西岡安彦.じん肺症(珪肺,アスベスト肺).私の治療 2017-18年度版, 猿田享男・北村惣一郎監修, 2017. pp242-243. 日本医事新報社.

西岡安彦.間質性肺炎の急性増悪.今日の治療指針2017年版 福井次矢, 高木誠, 小室一成 編, 2017.pp308-309. 医学書院.
【和文原著】
瀧倉輝実, 埴淵昌毅, 豊田優子, 近藤真代, 香西博之, 福家麻美, 西岡安彦.胸水中に多数のLanghans型巨細胞を認めた胸水IL-6濃度が高値であったMycobacterium avium症に伴う胸膜炎の一例.結核 92(9):559-566, 2017.
【和文総説】
荻野広和, 西岡安彦.がん転移の臨床研究の歴史と展望.日本臨牀 75(増8):15-20, 2017.

岸潤.膠原病の臓器症状とマネジメントの進歩 間質性肺炎・肺線維症.アレルギー 66(9):1161-1164, 2017.

豊田優子, 西岡安彦. Precision Medicine;コンパニオン診断と特発性肺線維症. 呼吸器内科 32(3):292-299, 2017.

西岡安彦, 阿部真治.ポドプラニンを標的とした悪性胸膜中皮腫に対する新規抗体医薬開発.生化学 89(4):564-567, 2017.

大塚憲司,西岡安彦.肺癌における標準治療としての免疫チェックポイント阻害薬.癌と化学療法 44(8):655-660, 2017.

岸潤, 豊田優子.ループス腎炎における長期予後予測.リウマチ科58(1):102-108, 2017.

荻野広和, 軒原浩.免疫療法の現状と今後の展望.日本臨牀 75(7):1115-1120, 2017.

後東久嗣,西岡安彦.血管新生阻害薬耐性のメカニズム.日本臨牀 75(7):1039-1043,2017.

東桃代.標準予防策・清潔操作(ガウンテクニックなど).救急・集中治療 29(臨増):e1-e13, 2017.

後東久嗣,西岡安彦.線維細胞による肺がんに対する血管新生阻害薬の耐性メカニズム.最新医学 72(4):132-137,2017.

後東久嗣,三橋惇志,西岡安彦.血管新生阻害薬耐性とfibrocyte.分子呼吸器病 21(1):4-7,2017.
【学会発表-国際学会】
H. Goto. A. Mitsuhashi, Y. Nishioka. Mechanism of acquired resistance to anti-angiogenic therapy mediated by fibrocytes. The 22nd Congress of Asian Pacific Society of Respirology. Sydney, Australia.2017年11月24日.

H. Ogino, H. Goto, Y. Okano, H. Machida, N. Hatakeyama, F. Ogushi, T. Haku, T. Kanematsu, T. Urata, S. Kakiuchi, M. Hanibuchi, S. Sone, Y. Nishioka. Phase II study of S-1 with patient-reported outcome evaluation in elderly patients with previously untreated advanced non-small cell lung cancer. ERS International Congress 2017. Milan,Italy. 2017年9月10日.

A. Saijo, H. Goto, M. Nakano, A.Mitsuhashi, H. Ogino, M. Tobiume, K. Otsuka, H. Yoneda, M.Hanibuchi, Y. Nishioka.Bone Marrow-Derived Fibrocytes Promote Stem Cell-Like Properties of Lung Cancer Cells. ATS 2017 International Conference. Washington,DC, USA. 2017年5月24日.

Y. Toyoda, S. Morizumi, S. Sato, H. Okazaki, Y. Chen, H.Goto, H. Ogawa, H. Nishimura, K. Koyama, H. Kawano, Y. Aono, H. Uehara, Y. Nishioka.Role of Fibroblast Growth Factor/Fibroblast Growth Factor Receptor Signal in Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis in Mice. ATS 2017 International Conference. Washington,DC, USA. 2017年5月23日.

H. Goto, A.Mitsuhashi, A. Saijo, H. Ogino, K. Otsuka, M. Tobiume, H. Yoneda, M. Hanibuchi, Y. Nishioka. Fibrocytes as a Possible Cellular Biomarker for Anti-Angiogenic Therapy in Lung Cancer. ATS 2017 International Conference. Washington,DC, USA. 2017年5月21日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦.間質性肺炎の診断と治療〜最近の進歩〜.平成29年度日本内科学会生涯教育講演会Bセッション(第2回).米子.2017年10月29日.

西岡安彦. がん免疫療法の基礎と臨床〜最近の話題〜 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会ランチョンセミナー.徳島.2017年10月22日.

西岡安彦.IIPsの病態・治療からPM/DMに伴う間質性肺炎を考える. 第9回筋炎ワークショップ(教育講演).東京.2017年10月21日.

西岡安彦.特発性肺線維症の治療戦略-抗線維化治療をいつ、誰に導入するのか?- 第58回日本肺癌学会学術集会ランチョンセミナー.横浜.2017年10月15日.

後東久嗣,西岡安彦.悪性胸膜中皮腫に対する抗血管新生療法の可能性と耐性機序.第24回石綿・中皮腫研究会.大阪.2017年10月7日.

阿部真治,加藤幸成,西岡安彦.悪性胸膜中皮腫に対するポドプラニンを標的とした抗体療法の開発.第24回石綿・中皮腫研究会.大阪.2017年10月7日.

後東久嗣,三橋惇志,西條敦郎,埴淵昌毅,西岡安彦.線維細胞(fibrocyte)を標的としたがん転移・進展メカニズムの解明と血管新生阻害薬耐性克服の試み.第26回日本がん転移学会学術集会・総会(シンポジウム).大阪. 2017年7月27日.

西岡安彦. 肺線維症の細胞分子病態と関連遺伝子. 第38回日本炎症・再生医学会(シンポジウム). 大阪. 2017年7月19日.

西岡安彦.間質性肺炎の診断と治療〜最近の進歩〜.平成29年度日本内科学会生涯教育講演会Bセッション(第1回).東京.2017年6月11日.

西岡安彦.特発性肺線維症:橋渡し研究の意義と展望.第57回日本呼吸器学会学術講演会(特別講演).東京.2017年4月22日.

西岡安彦.Blockade of growth factor signals in fibrogenesis of the lung:therapeutic efficacy and mechanism of action.第57回日本呼吸器学会学術講演会(International Symposium).東京.2017年4月21日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
西條敦郎,埴淵昌毅,荻野広和,軒原浩,豊田優子,後東久嗣,西岡安彦.再発小細胞肺癌に対するpaclitaxel療法の検討.第58回日本肺癌学会学術集会.横浜.2017年10月15日.

西條敦郎,後東久嗣,荻野広和,軒原浩,西岡安彦.骨髄由来線維細胞(fibrocyte)は肺癌のがん幹細胞様特性を促進する.第76回日本癌学会学術総会.横浜.2017年9月28日.

吾妻雅彦,長宗雅美,岩田貴,川添和義,石澤啓介,竹谷豊,西岡安彦,赤池雅史.徳島大学における担当患者を用いた多職種連携教育の取り組み.第49回日本医学教育学会大会.札幌.2017年8月19日.

西條敦郎,荻野広和,大塚憲司,手塚敏史,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦.Clinical efficacy of bevacizumab for non-squamous non-small cell lung cancer patients with malignant pleural effusion. 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会.神戸.2017年7月29日.

荻野広和,埴淵昌毅,西條敦郎,手塚敏史,後東久嗣,西岡安彦.徳島大学病院における高齢者肺癌と若年者肺癌の臨床的特徴に関する比較検討. 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会.神戸.2017年7月29日.

後東久嗣,西條敦郎,中野万有里,飛梅亮,大塚憲司,米田浩人,埴淵昌毅,西岡安彦.がん幹細胞化の誘導を介したfibrocyteの肺がん進展・転移促進メカニズム.第26回日本がん転移学会学術集会・総会.大阪. 2017年7月27日.

小川博久,吾妻雅彦,近藤真代,手塚敏史,西岡安彦.IL-17/好中球は気道粘膜接着分子を障害しFGF-2産生を介した気道平滑筋肥厚を誘導する.第66回日本アレルギー学会学術大会.東京.2017年6月17日.

近藤真代,手塚敏史,小川博久,吾妻雅彦,西岡安彦.リゾフォスファチジン酸はアレルギー性気道炎症の誘導に関与している.第66回日本アレルギー学会学術大会.東京.2017年6月16日.

和泉俊尋,阿部真治,荻野広和,後東久嗣,埴淵昌毅,加藤幸成,西岡安彦.悪性胸膜中皮腫同所移植マウスモデルに対する新規マウス抗ポドプラニン抗体LpMab-21による抗腫瘍効果の検討.第21回日本がん分子標的学会学術集会.福岡.2017年6月15日.

山子泰斗,後東久嗣,西條敦郎,埴淵昌毅,西岡 安彦.肺がん骨転移におけるRANKL標的治療の限界と可能性.第21回日本がん分子標的学会学術集会.福岡.2017年6月15日.

大塚憲司,埴淵昌毅,後東久嗣,西岡安彦.肺癌・悪性胸膜中皮腫に対する抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体と化学療法の併用効果の基礎的検討.第21回日本がん分子標的学会学術集会.福岡.2017年6月15日.

Hirokazu Ogino, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Atsuro Saijo, Toshifumi Tezuka, Yuko Toyoda, Satoshi Sakaguchi, Hisatsugu Goto, Kokichi Arisawa, Yasuhiko Nishioka. Analysis of the Prognostic Factors of Extensive Disease Small-Cell Lung Cancer Patients in Tokushima University Hospital. 第57回日本呼吸器学会学術講演会.東京国際フォーラム.2017年4月23日.

埴淵昌毅,中瀬勝則,豊崎纏,木下成三,島田久夫,鶴尾美穂,原田和代,水井研治,葉久貴司,西岡安彦.徳島市におけるCOPD早期発見を目的とした検診システム.第57回日本呼吸器学会学術講演会.東京.2017年4月23日.

手塚敏史,小川博久,近藤真代,豊田優子,佐藤正大,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.ダニ抗原誘導性のアレルギー性気道炎症および気道リモデリングはPAR-2 antagonistの投与により抑制される.第57回日本呼吸器学会学術講演会.東京.2017年4月23日.

豊田優子,岸潤,河野弘,森住俊,小山壱也,西村春佳,香川耕造,手塚敏史,後東久嗣,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦.当院における全身性エリテマトーデス合併間質性肺炎の臨床的検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会.東京.2017年4月22日.

Atsuro Saijo, Hisatsugu Goto, Mayuri Nakano, Atsushi Mitsuhashi, Hirokazu Ogino, Makoto Tobiume, Kenji Otsuka, Hiroto Yoneda, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Bone marrow-derived fibrocytes promote stem cell-like properties of lung cancer cells. 第57回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2017年4月22日.

Shun Morizumi, Seidai Sato, Hiroyasu Okazaki, Kazuya Koyama, Haruka Nishimura, Yuko Toyoda, Hiroshi Kawano, Yasuhiko Nishioka.Inhibition of pan-fibroblast growth factor receptor signaling in bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice. 第57回日本呼吸器学会学術講演会.東京.2017年4月21日.

大山吉幸,榎本紀之,鈴木勇三,河野雅人,中村祐太郎,藤澤朋幸,乾直輝,黒石重城,横村光司,豊嶋幹生,妹川史朗,大石景士,渡辺知志,笠原寿郎,馬場智尚,小倉高志,石井寛,渡辺憲太朗,西岡安彦,須田隆文. Pleuroparenchymal fibroelastosisにおける尿中デスモシンの有用性の検討. 第57回日本呼吸器学会学術講演会.東京.2017年4月21日.

河野弘,豊田優子,岸潤,森住俊,近藤真代,山下雄也,手塚敏史,後東久嗣,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦. 当院における間質性肺炎合併全身性エリテマトーデス症例の臨床的検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会.福岡.2017年4月20日.

埴淵昌毅,加納亮,倉本卓哉,後東久嗣,西岡安彦,癌患者血漿中遊離DNAを用いた遺伝子変異検査技術の比較.第114回日本内科学会総会・講演会.東京.2017年4月14日.
【学会発表-国内地方学会】
米田浩人,大塚憲司,西條敦郎,飛梅亮,荻野広和,香西博之,豊田優子,後東久嗣,軒原浩,西岡安彦.当科におけるnivolumabの有害事象の検討.第117回日本内科学会四国地方会.高松.2017年12月3日.

辻本賀美,内藤伸仁,近藤真代,香西博之,河野弘,大塚憲司,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,西岡安彦.多発単神経炎を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)において免疫グロブリン大量療法(IVIG)が有効であった3例.第117回日本内科学会四国地方会.高松.2017年12月3日.

河野弘,松本満,西岡安彦.ほぼすべての胸腺髄質上皮細胞が成熟過程でAireを発現する機能を備えている.第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.徳島.2017年11月25日.

荻野広和,豊田優子,河野弘,岸潤,近藤真代,森住俊,山下雄也,後東久嗣,吾妻雅彦,西岡安彦.当院における肺病変合併全身性エリテマトーデス症例の臨床的検討.第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.徳島.2017年11月25日.

今倉健,内藤伸仁,山下雄也,荻野広和,岸潤,河野弘,近藤真代,森住俊,豊田優子,後東久嗣,吾妻雅彦,西岡安彦.ループス心筋炎の2例.第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.徳島.2017年11月25日.

山下雄也,河野弘,岸潤,内藤伸仁,荻野広和,近藤真代,森住俊,豊田優子,後東久嗣,吾妻雅彦,西岡安彦.全身性強皮症を背景にposterior reversible encephalopathy syndromeを発症した一例.第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.徳島.2017年11月25日.

飛梅亮,森住俊,鈴江涼子,緋田哲也,荻野広和,大塚憲司,後東久嗣,上原久典,久保宜明,西岡安彦.BRAF 陽性肺原発悪性黒色腫の1例.第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会.広島.2017年10月28日.

森田優,豊田優子,大塚憲司,西條敦郎,米田浩人,近藤真代,香西博之,後東久嗣,軒原浩,西岡安彦.放射線治療のアブスコパル効果による腫瘍縮小を認めた後に再発し、pembrolizumab が奏功した肺癌の1例.第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会.広島.2017年10月28日.

福田喬太郎,森田優,大塚憲司,西村春佳,森住俊,香川耕造,小山壱也,今倉健,後東久嗣,西岡安彦.BAL により癌性リンパ管症と診断しえた多発スリガラス影を呈した肺腺癌の1例.第26回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会.広島.2017年10月28日.

美馬正人,香西博之,飛梅亮,大塚憲司,内藤伸仁,豊田優子,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,西岡安彦.抗 IFN- γ抗体が陽性であった播種性非結核性抗酸菌症の1例.第68回日本結核病学会中国四国支部会.広島.2017年10月28日.

鈴江涼子,西村春佳,荻野広和,大塚憲司,飛梅亮,河野弘,福家麻美,山下雄也,後東久嗣,西岡安彦.心タンポナーデをきたした結核性心膜炎の1例.第68回日本結核病学会中国四国支部会.広島.2017年10月28日.

大西一,森住俊,緋田哲也,松立吉弘,荻野広和,大塚憲司,飛梅亮,後東久嗣,上原久典,久保宜明,西岡安彦.BRAF陽性肺原発悪性黒色腫の1例.第255回徳島医学会学術集会.徳島.2017年8月6日.

山下貴央,西村春佳,荻野広和,大塚憲司,飛梅亮,豊田優子,後東久嗣,西岡安彦.心タンポナーデをきたした結核性心膜炎の1例.第255回徳島医学会学術集会.徳島.2017年8月6日.

鈴江涼子,森住俊,大塚憲司,豊田優子,河野弘,小山壱也,香西博之,西村春佳,後東久嗣,西岡安彦.特発性肺線維症に対するnintedanibの使用経験.第57回日本呼吸器学会中国・四国地方会.高知.2017年7月15日.

美馬正人,吾妻雅彦,大塚憲司,山下雄也,後東久嗣,岸潤,吉田光輝,上原久典,西岡安彦.Minute Pulmonary Meningothelial-like Noduleの1例.第57回日本呼吸器学会中国・四国地方会.高知.2017年7月14日.

今倉健,大塚憲司,西條敦郎,飛梅亮,荻野広和,香西博之,後東久嗣,軒原浩,西岡安彦.当科における免疫チェックポイント阻害薬の使用経験.第56回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会. 高知.2017年7月14日.

喜田有佳里,香川耕造,大塚憲司,荻野広和,飛梅亮,西條敦郎,軒原浩,後東久嗣,西岡安彦.小細胞肺癌への転化を認めたEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌の1例.第56回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会. 高知.2017年7月14日.

森田優,豊田優子,森住俊,大塚憲司,近藤真代,小山壱也,西村春佳,後東久嗣,西岡安彦.放射線治療のアブスコパル効果によると考えられる腫瘍縮小を認めた肺癌の1例.第56回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会. 高知.2017年7月14日.

近藤真代,手塚敏史,河野弘,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,吾妻雅彦,土師正太郎,梶龍兒,西岡安彦.小脳浮腫および水頭症を認め開頭減圧術を要したNPSLEの1例.第116回日本内科学会四国地方会.高知.2017年5月21日.

西村春佳,手塚敏史,西條敦郎,河野弘,後東久嗣,岸潤,軒原浩,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦.肺扁平上皮癌治療後の空洞病変に認めた肺アスペルギルス症の1例.第116回日本内科学会四国地方会.高知.2017年5月21日.
2016年業績
【欧文著書】
Yasuhiko Nishioka. Pathogenesis of IPF. Is abnormal repair of epithelial damage involved in the basic pathogenesis of this disease? In: Nakamura H, Aoshiba K (eds) Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Springer, Tokyo, p43-58, 2016.
【欧文総説】
Nishioka Y. Cancer immunotherapy as a promising fourth standard therapy for lung canser: Beyond 20 years for the development of immunotherapy. Respir Investig 54:297, 2016.
【欧文原著】
Toyoda Y, Ozaki R, Kishi J, Hanibuchi M, Kinoshita K, Tezuka T, Goto H, Ono H, Nagai K, Bando Y, Doi T, Nishioka Y. An autopsy case of aortic intimal sarcoma initially diagnosed as polyarteritis nodosa. Intern Med 55(21):3191-3195, 2016.

Toyoda Y, Hanibuchi M, Kishi J, Kawano H, Morizumi S, Sato S, Kondo M, Takikura T, Tezuka T, Goto H, Nishioka Y. Clinical features and outcome of acute exacerbation of interstitial pneumonia associated with connective tissue disease. J Med Invest 63(3,4):294-299, 2016.

Ogino H, Hanibuchi M, Kakiuchi S, Saojo A, Tezuka T, Toyoda Y, Tobiume M, Otsuka K, Sakaguchi S, Goto H, Arisawa K, Nishioka Y. Analysis of the Prognostic Factors of Extensive Disease Small-Cell Lung Cancer Patients in Tokushima University Hospital. J Med Invest 63(3,4):286-293, 2016.

Hasegawa K, Tagawa M, Takagi K, Tsukamoto H, Tomioka Y, Suzuki T, Nishioka Y, Ohrui T, Numasaki M. Anti-tumor immunity elicited by direct intratumoral administration of a recombinant adenovirus expressing either IL-28A/IFN-λ2 or IL-29/IFN-λ1. Cancer Gene Ther 23(8):266-277, 2016.

Numasaki M, Tsukamoto H, Tomioka Y, Nishioka Y, Ohrui T. A Heterodimeric Cytokine, Consisting of IL-17A and IL-17F, Promotes Migration and Capillary-Like Tube Formation of Human Vascular Endothelial Cells. Tohoku J Exp Med 240(1):47-56, 2016.

Abe S, Kato KM, Tsuchihashi Y, Izumi T, Ogasawara S, Okada N, Sato C, Tobiume M, Otsuka K, Miyamoto L, Tsuchiya K, Kawazoe K, Kato Y, Nishioka Y. Antitumor effect of novel anti-podoplanin antibody NZ-12 against malignant pleural mesothelioma in an orthotopic xenograft model. Cancer Sci 107(9):1198-1205, 2016.

Lee HJ, Hanibuchi M, Kim SJ, Yu H, Kim MS, He J, Langley RR, Lehembre F, Regenass U, Fidler IJ. Treatment of experimental human breast cancer and lung cancer brain metastases in mice by macitentan, a dual antagonist of endothelin receptors, combined with paclitaxel. Neuro-Oncology 18(4):486-496, 2016.

Bando M, Yamauchi H, Ogura T, Taniguchi H, Watanabe K, Azuma A, Hommma S, Sugiyama Y;Japan Pirfenidone Clinical Study Group.Clinical Experience of the Long-tern Use of Pirfenidone for Idiopathic Pulmonary Fibrosis. Intern Med 55(5):443-448, 2016.

Sato S, Hanibuchi M, Takahashi M, Fukuda Y, Morizumi S, Toyoda Y, Goto H, Nishioka Y. A patient with idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis showing sustained pulmonary function due to treatment with pirfenidone. Intern Med 55(5):497-501,2016.

Ogino H, Hanibuchi M, Takizawa H, Sakiyama S, Sumitomo H, Iwamoto S, Ikushima H, Nakajima K, Nagahiro H, Yamago T, Toyoda Y, Bando Y, Nishioka Y. Primary pulmonary synovial sarcoma showing prolonged survival with multimodality therapy. Intern Med 55(4):381-387,2016.
【和文著書】
西岡安彦.非特異性間質性肺炎(NSIP).特発性間質性肺炎 診断と治療の手引き(改定第3版), 日本呼吸器学会 びまん性肺疾患診断・治療ガイドライン作成委員会編集, 2016. pp61-68. 南江堂.

西岡安彦.特発性肺線維症の基礎.呼吸器疾患最新の治療2016-2018.杉山幸比古・門田淳一,・弦間昭彦編.2016.pp57-60.南江堂

西岡安彦.特発性間質肺炎.今日の治療指針.福井次矢,高木誠,小室一成総編集.2016.pp355-356.医学書院.
【和文総説】
岡ア弘泰,西岡安彦.加齢と肺線維化.The Lung perspectives 24(3):50-54,2016.

岸潤, 豊田優子.RAにおける気管支拡張症は慢性感染症で自己免疫が惹起されるモデルである.リウマチ科56(1):86-91, 2016.

吾妻安良太,小倉高志,西岡安彦.間質性肺炎 Update 座談会 抗線維化薬時代の間質性肺炎診療を考える.最新醫学 71(7):1235-1248,2016.

西岡安彦.間質性肺炎 Update 序論.最新醫学 71(7):1233-1234,2016.

河野弘,西岡安彦.膠原病における肺病変へのアプローチ.リウマチ科 55(4):345-352,2016.

佐藤正大, 大谷直子, 原英二, 西岡安彦.がん抑制遺伝子による細胞と個体老化の制御.がん分子標的治療14(1):76-81, 2016.

後東久嗣,三橋惇志,西岡安彦.線維細胞がかかわる血管新生阻害薬に対する獲得耐性メカニズム.分子呼吸器病 20(1):111-114,2016.

西岡安彦,佐藤正大.ニンテダニブ.分子呼吸器病 20(1):100-102,2016.

後東久嗣,青野純典,三橋惇志,西岡安彦.慢性炎症とfibrocyte.呼吸と循環 64(2):149-155,2016.
【和文原著】
山子泰斗,埴淵昌毅,荻野広和,村上永尚,梶龍兒,西岡安彦.多彩な神経症状を呈した小細胞肺癌に伴う傍腫瘍性神経症候群の1例.肺癌 56(3):199-204,2016.
【学会発表-国際学会】
Morizumi S, Sato S, Abe S, Okazaki H, Yanjuan C, Goto H, Hanibuchi M, Aono Y, Ogawa H, Hanibuchi M, Uehara H, Nishioka Y. Anti-fibrotic efficacy of nintedanib on pulmonary fibrosis via suppression of fibrocyte activity. ERS2016 International Conference, London, UK. 2016年9月4日.
Yasuhiko Nishioka. Introduction of Session 152 - Repair pathways: from lung development to aging of the lung -. ERS2016 Internathional Conference(Invited lecture). London, UK. 2016年9月4日.
Ogino H, Goto H, Kakiuchi S, Saijo A, Sakaguchi A, Tobiume M, Otsuka K, Hanibuchi M, Nishioka Y. Receptor tyrosine kinase-like orphan receptor 2, ROR2, regulates the proliferation of malignant pleural mesothelioma cells. ATS 2016 International Conference. San Francisco, CA, USA. 2016年5月17日
Sato S, Goto H, Morizumi S, Okazaki H, Yanjuan C, Kawano H, Toyoda Y, Hanibuchi M, Azuma M, Nishioka Y. Effect of blockade of fibroblast growth factor receptor signaling in experimental pulmonary fibrosis in mice. ATS 2016 International Conference. San Francisco, CA, USA. 2016年5月16日
Saijo A, Goto H, Mitsuhashi A, Nakano M, Ogino H, Aono Y, Sakaguchi S, Tobiume M, Otsuka K, Hanibuchi M, Nishioka Y. Bone marrow-derived fibrocytes maintain stem cell-like properties of lung cancer. ATS 2016 International Conference. San Francisco, CA, USA. 2016年5月15日
Goto H, Mitsuhashi A, Saijo A, Kuramoto T, Tabata T, Aono Y, Uehara H, Hanibuchi M, Nishioka Y.Fibrocytes mediate acquired resistance to anti-angiogenic therapy with bevacizumab in thoracic tumors. ATS 2016 International Conference. San Francisco, CA, USA. 2016年5月15日
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦.腫瘍免疫学の基礎と肺癌免疫療法の歩み.第57回日本肺癌学会学術集会(シンポジウム). 福岡. 2016年12月21日.
Yasuhiko Nishioka. The mechanism of immunotherapy for lung cancer. JICS/KASLC symposium. 第57回日本肺癌学会学術集会(JLCS/KASLC Joint-Symposium). 福岡. 2016年12月19日.
西岡安彦.呼吸器疾患のトランスレーショナルリサーチ〜アカデミア発の創薬を目指した多職種連携〜.第64回医療薬学公開シンポジウム.徳島.2016年11月20日.
Yasuhiko Nishioka.Aquired resistance to anti-angiogenic therapy and new insights toward the overcoming.JASMO 2016 Annual Meeting(International Symposium).神戸.2016年7月28日.
後東久嗣,荻野広和,三橋惇志,西岡安彦.小細胞肺癌における肝転移の位置づけとがん幹細胞様細胞の役割.第25回日本がん転移学会学術集会・総会(シンポジウム).米子.2016年7月22日.
西岡安彦.肺がんに対する血管新生阻害薬の耐性機構とその克服.第176回日本肺癌学会関東支部学術集会(コーヒーブレイクセミナー).東京.2016年7月16日.
岸潤.間質性肺炎・肺線維症.第65回日本アレルギー学会学術大会(シンポジウム).東京.2016年6月18日.
西岡安彦.肺線維化の細胞分子病態と治癒戦略.第37回日本炎症・再生医学会.京都.2016年6月16日.
西岡安彦.呼吸器学会国際委員会の活動と留学支援.第56回日本呼吸器学会学術講演会(特別企画).京都.2016年4月9日.
西岡安彦.Role of fibrocytes and growth factors in lung fibrosis and cancer.第56回日本呼吸器学会学術講演会(Inter-Assembly Symposium 2).京都.2016年4月9日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
埴淵昌毅,手塚敏史,西條敦郎,荻野広和,後東久嗣,西岡安彦.当科における高齢者肺癌の若年者との比較検討.第57回日本肺癌学会学術集会.福岡.2016年12月21日.

西條敦郎,手塚敏史,荻野広和,豊田優子,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦.悪性胸水を伴った非扁平上皮非小細胞肺癌に対する Bevacizumab 併用化学療法の検討.第57回日本肺癌学会学術集会.福岡.2016年12月19日.

荻野広和,後東久嗣,西條敦郎,柿内聡司,埴淵昌毅,西岡安彦.徳島大学病院における進展型小細胞肺癌患者の予後因子に関する後ろ向き研究.第57回日本肺癌学会学術集会.福岡.2016年12月19日.

荻野広和, 埴淵昌毅,大塚憲司,西條敦郎,坂口暁,手塚敏史,柿内聡司,後東久嗣,西岡安彦.徳島大学病院における進展型小細胞肺癌患者の予後因子についての検討.第14回日本臨床腫瘍学会学術集会.神戸.2016年7月28日.

大塚憲司,埴淵昌毅,荻野広和,後東久嗣,西岡安彦.肺癌,悪性胸膜中皮腫に対する免疫チェックポイント阻害剤の有効性の基礎的検討.第25回日本がん転移学会学術集会・総会.米子.2016年7月21日.

西條敦郎,後東久嗣,三橋惇志,中野万有里,大塚憲司,荻野広和,坂口暁,埴淵昌毅,西岡安彦.骨髄由来線維細胞(fibrocyte)は肺癌のがん幹細胞様特性を促進する.第25回日本がん転移学会学術集会・総会.米子.2016年7月21日.

荻野広和,後東久嗣,西條敦郎,大塚憲司,埴淵昌毅,西岡安彦.受容体型チロシンキナーゼROR2は悪性胸膜中皮腫細胞の増殖を制御する.第25回日本がん転移学会学術集会・総会.米子.2016年7月21日.

阿部真治,加藤幸成,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦.ポドプラニンを標的とした抗体療法とペメトレキセドの併用による悪性胸膜中皮腫に対する抗腫瘍効果の検討.第20回日本がん分子標的治療学会学術集会.別府.2016年5月31日.

河野弘,近藤真代,西條敦郎,豊田優子,岸潤,西岡安彦.当院における膠原病に合併した肺癌の検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会.横浜.2016年4月23日.

荻野広和,後東久嗣,大串文隆,葉久貴司,兼松貴則,浦田知之,埴淵昌毅,曽根三郎,西岡安彦.高齢者進行非小細胞肺癌患者を対象としてPRO評価を取り入れたS-1療法の臨床第U相試験.第113回日本内科学会総会・講演会.東京.2016年4月15日.

豊田優子,佐藤正大,岸潤,河野弘,森住俊,岸昌美,手塚敏史,坂口暁,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦.当院における膠原病関連間質性肺炎の急性憎悪に関する臨床的検討.第56回日本呼吸器学会学術講演会.京都.2016年4月10日.

埴淵昌毅,中瀬勝則,豊崎纏,木下成三,島田久夫,鶴尾美穂,吾妻雅彦,葉久貴司,西岡安彦.徳島市におけるCOPD健診の現状.第56回日本呼吸器学会学術講演会.京都.2016年4月8日.

手塚敏史,小川博久,近藤真代,吾妻雅彦,豊田優子,佐藤 正大,岡ア弘泰,河野弘,岸潤,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦.RAS阻害剤(XRP44X)を用いた喘息モデルマウスにおける検討.第56回日本呼吸器学会学術講演会.京都.2016年4月8日.

阿部真治,加藤幸成,金子美華,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦.悪性胸膜中皮腫に対する新規抗ポドプラニン抗体NE-12の効果.第56回日本呼吸器学会学術講演会.京都.2016年4月8日.
【学会発表-国内地方学会】
原倫世,手塚敏史,近藤真代,河野弘,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.EBによる末梢神経障害を呈した結核性胸膜炎の1例.第67回日本結核病学会中国四国支部会.岡山.2016年12月23日.

杉峯優人,手塚敏史,香川耕造,米田浩人,大塚憲司,河野弘,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.EBUS-TBNA後に縦隔炎を発症した縦隔原発セミノーマの1例.第25回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会.岡山.2016年12月23日.

菊池高史,手塚敏史,近藤真代,荻野広和,河野弘,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.Stevens-Johnson 症候群後に発症した閉塞性細気管支炎にステロイドおよびタクロリムスが有効であった1例.第56回日本呼吸器学会中国・四国地方会.岡山.2016年12月23日.

高島拓也,手塚敏史,近藤真代,飛梅亮,河野弘,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.Exon19とexon21の遺伝子変異を同時に認めた肺腺癌の1例.第56回日本呼吸器学会中国・四国地方会.岡山.2016年12月23日.

豊田優子,山下雄也,森住俊,近藤真代,荻野広和,河野弘,手塚敏史,岸潤,後東久嗣,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦.当院における膠原病関連間質性肺炎の急性憎悪の臨床的検討.第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.広島.2016年12月3日.

田中こころ,荻野広和,宮田淳也,山下雄也,森住俊,近藤真代,河野弘,手塚敏史,豊田優子,岸潤,後東久嗣,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦.15年前より認める慢性腎機能障害に対してステロイド加療が奏功した腎サルコイドーシスの1例.第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.広島.2016年12月2日.

山下雄也,豊田優子,荻野広和,河野弘,手塚敏史,岸潤,後東久嗣,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦.当院におけるループス腎炎に対するIVCYとMMFの治療経験.第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.広島.2016年12月2日.

荻野広和,岸潤,河野弘,手塚敏史,豊田優子,後東久嗣,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦.関節リウマチの薬物療法における栄養状態の変化の検討.第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会.広島.2016年12月2日.

香西博之,手塚敏史,山下雄也,西條敦郎,河野弘,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.Gefitinib投与中にAchromobacter Xylosoxidansによる菌血症を発症した肺腺癌の1例.第115回日本内科学会四国地方会.愛媛.2016年11月27日.

米田浩人,手塚敏史,河野弘,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦.多発性胃十二指腸潰瘍を伴ったMTX関連リンパ増殖性疾患の1例.第115回日本内科学会四国地方会.愛媛.2016年11月27日.

山本清成,手塚敏史,荻野広和,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦. 下顎歯肉癌治療後に発生した放射線誘発血管肉腫の1例. 第253回徳島医学会学術集会.徳島.2016年7月24日.

香川耕造,手塚敏史,大塚憲司,森住俊,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,西岡安彦. CrizotinibによるILDを発症後にAlectinibの投与が可能であったALK融合遺伝子陽性肺腺癌の1例. 第55回日本呼吸器学会中国・四国地方会.広島.2016年7月9日.

近藤真代,手塚敏史,米田浩人,豊田優子,後東久嗣,岸潤,吾妻雅彦,埴淵昌毅,村上太一,土井俊夫,河北直也,滝沢宏光,西岡安彦. 腹腔シンチグラフィにより診断し横隔膜縫合閉鎖術を行った横隔膜交通症の1例. 第55回日本呼吸器学会中国・四国地方会.広島.2016年7月9日.

山下雄也,西條敦郎,佐藤正大,手塚敏史,坂口暁,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦. 当院における膠原病合併肺癌の検討. 第114回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2016年5月22日.

森住俊,佐藤正大,荻野広和,河野弘,坂口暁,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,吾妻雅彦,西岡安彦. 当院におけるニンテダニブの特発性肺線維症に対する使用経験. 第114回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2016年5月22日.

2015年業績
【欧文総説】
Inomata M, Nishioka Y, Azuma A. Nintedanib: evidence for its therapeutic potential in idiopathic pulmonary fibrosis. Core Evid. 10: 89-98, 2015.
【欧文原著】
Fukushima K, Nakamura S, Inoue Y, Higashiyama Y, Ohmichi M, Ishida T, Yoshimura K, Sawai T, Takayanagi N, Nakahama C, Kakugawa T, Izumikawa K, Aoki N, Nishioka Y, Kosaka O, Kohno S. Utility of a sputum antigen detection test in pneumococcal and lower respiratory infectious disease in adults. Intern Med 54(22):2843-2850, 2015.

Taguchi Y, Ebina M, Hashimoto S, Ogura T, Azuma A, Taniguchi H, Kondoh Y, Suga M, Takahashi H, Nakata K, Sugiyama Y, Kudoh S, Nukiwa T; Pirfenidone Clinical Study Group in Japan. Efficacy of perfenidone and disease severity of idiopathic pulmonary fibrosis: extended analysis of phase III trial in Japan. Respir Investig 53(6):279-287, 2015.

Mitsuhashi A, Goto H, Saijo A, Trung VT, Aono Y, Ogino H, Kuramoto T, Tabata S, Uehara H, Izumi K, Yoshida M, Kobayashi H, Takahashi H, Gotoh M, Kakiuchi S, Hanibuchi M, Yano S, Yokomisa H, Sakiyama S, Nishioka Y. Fibrocyte-like cells mediate acquired resistance to anti-angiogenic therapy with bevacizumab. Nat Commun 6:8792, 2015.

Sakurada T, Kakiuchi S, Tajima S, Horinouchi Y, Konaka K, Okada N, Nishisako H, Nakamura T, Teraoka K, Kawazoe K, Yanagawa H, Nishioka Y, Ishizawa K. Pemetrexed-Induced Rash May Be Prevented by Supplementary Corticosteroids. Biol Pharm Bull 38(11):1752-1756, 2015.

Kawano H, Nishijima H, Morimoto J, Hirota F, Morita R, Mouri Y, Nishioka Y, Matsumoto M. Aire expression is inherent to most medullary thymic epithelial cells during their differentiation program. J Immunol 195(11):5149-5158, 2015.

Kato Y, Kunita A, Abe S, Ogasawara S, Fujii Y, Oki H, Fukayama M, Nishioka Y, Kaneko MK. The chimeric antibody chLpMab-7 targeting human podoplanin suppresses pulmonary metastasis via ADCC and CDC rather than via its neutralizing activity. Oncotarget 6(34):36003-36018, 2015.

Tanaka M, Koike R, Sakai R, Saito K, Hirata S, Nagasawa H, Kameda H, Hara M, Kawaguchi Y, Tohma S, Takasaki Y, Dohi M, Nishioka Y, Yasuda S, Miyazaki Y, Kaneko Y, Nanki T, Watanabe K, Yamazaki H, Miyasaka N, Harigai M. Pulmonary infections following immunosuppressive treatments during hospitalization worsen the short-term vital prognosis for patients with connective tissue disease-associated interstitial pneumonia. Mod Rheumatol. 25(4):609-614, 2015.

Sakurada T, Kakiuchi S, Tajima S, Horinouchi Y, Okada N, Nishisako H, Nakamura T, Teraoka K, Kawazoe K, Yanagawa H, Nishioka Y, Minakuchi K, Ishizawa K. Characteristics of and risk factors for interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer. Ann Pharmacother 49(4):398-404, 2015.

Sato S, Kawamata Y, Takahashi A, Imai Y, Hanyu A, Okuma A, Takasugi M, Yamakoshi K, Sorimachi H, Kanda H, Ishikawa Y, Sone S, Nishioka Y, Ohtani N, Hara E. Ablation of the p16(INK4a) tumour suppressor reverses ageing phenotypes of klotho mice. Nat Commun 6:7035, 2015.

Yamazaki H, Sakai R, Koike R, Miyazaki Y, Tanaka M, Nanki T, Watanabe K, Yasuda S, Kurita T, Kaneko Y, Tanaka Y, Nishioka Y, Takasaki Y, Nagasaka K, Nagasawa H, Tohma S, Dohi M, Sugihara T, Sugiyama H, Kawaguchi Y, Inase N, Ochi S, Hagiyama H, Kohsaka H, Miyasaka N, Harigai M; PREVENT Study Group. Assessment of risks of pulmonary infection during 12 months following immunosuppressive treatment for active connective tissue diseases: a large-scale prospective cohort study. J Rheumatol 42(4):614-622, 2015.

Tezuka T, Ogawa H, Azuma M, Goto H, Uehara H, Aono Y, Hanibuchi M, Yamaguchi Y, Fujikawa T, Itai A, Nishioka Y. IMD-4690, a novel specific inhibitor for plasminogen activator inhibitor-1, reduces allergic airway remodeling in a mouse model of chronic asthma via regulating angiogenesis and remodeling-related mediators. PLoS One 10(3):e0121615, 2015.

Kawano H, Hanibuchi M, Yoshijima T, Toyoda Y, Kishi J, Tezuka T, Nishioka Y. A case of atypical Takayasu arteritis initially presenting with peripheral artery disease. Case Reports in Clinical Pathology 2(2):34-40, 2015.

Sato S, Hanibuchi M, Tobiume M, Kishi J, Toyoda Y, Kawano H, Takahashi M, Fukuda Y, Nishioka Y. A case of IgG4-related interstitial lung disease showing usual interstitial pneumonia pattern: Unusual case for histological features with pathological proof. Case Reports in Clinical Pathology 2(1):6-11, 2015.
【和文著書】
西岡安彦. 好酸球性肺炎. 今日の治療指針. 福井次矢, 高木誠, 小室一成総編集. 2015. p330. 医学書院.

佐藤正大, 西岡安彦. 細胞生物学、分子病態. 最新医学別冊 特発性肺線維症とその周辺疾患. 吾妻安良太編集. 2015. pp42-47. 最新医学社.

後東久嗣.肺がん.徳島大学病院の最新治療がわかる本,徳島大学病院編著.2015.pp30-31.バリューメディカル.

西岡安彦.睡眠時無呼吸症候群.徳島大学病院の最新治療がわかる本,徳島大学病院編著.2015.pp32-33.バリューメディカル.

後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 徳島大学病院呼吸器・膠原病内科. 呼吸器疾患診療の最先端. 杉山幸比古, 近藤丘, 中西洋一, 奥村明之進, 高橋弘毅, 一ノ瀬正和, 吉野一郎, 本間栄, 弦間昭彦, 池田徳彦, 須田隆文, 伊達洋至, 永安武, 寺田弘司編集. 2015. pp432-434. 先端医療技術研究所.

西岡安彦. 肺癌. 今日の診療のために ガイドライン外来診療2015. 泉孝英編集. 2015. pp570-572. 日経メディカル開発.
【和文総説】
豊田優子,河野弘,西岡安彦.間質性肺炎の免疫療法は有用か?.呼吸器内科 28(6):451-455,2015.

西岡安彦. IPFの病因論. THE LUNG perspective 23(3): 66-69, 2015.

山口普史, 板東浩, 新谷保実, 楊河宏章, 松井尚子, 重清俊雄, 田邊舞, 高岡奨, 飯間努, 大浦雅博, 喜多秀仁, 戸根沙織, 野田和克, 森住俊.意識障害患者の鑑別診断における詳細な病歴確認の重要性.日本内科学会雑誌 104(7):1495-1503, 2015.

埴淵昌毅, 西岡安彦. Current topics from major journals-英文抄読会から ALK陽性非小細胞肺癌に対する1次治療でのクリゾチニブと化学療法の比較試験. 日本胸部臨床 74(6):717, 2015.

西岡安彦. 薬物治療におけるステロイドの位置づけとは?. Modern Physician 6 35(6):766-768, 2015.

西岡安彦. 肺線維症. 呼吸と循環 63(4): 315-322, 2015.

西岡安彦, 阿部秀一, 佐藤正大, 後東久嗣. Fibrocyte. Respiratory Medical Research 3(2):60-63, 2015.

西岡安彦. がん免疫療法の過去と未来:エビデンスが示した新たな可能性.日本口腔科学会雑誌 64(1):1-11, 2015.

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 呼吸器・膠原病内科学分野. 呼吸器抄読会. 呼吸 34(2):233, 2015.

埴淵昌毅, 西岡安彦. 抗がん剤の副作用の予防的治療. 日本臨牀 73(増2):93-97, 2015.

西岡安彦. 呼吸器感染症−最近の話題−. 小松島医師会会報 49:26-27, 2015.

後東久嗣, 西岡安彦. 血管新生阻害剤に対する耐性メカニズム. 医学のあゆみ 252(7):814-818,2015.

埴淵昌毅. COPD−病態の理解とマネジメントの実際−. 小松島医師会会報 49:31-33, 2015.
【和文原著】
中野万有里, 吉田成二, 中山正, 大串文隆, 埴淵昌毅, 西岡安彦. インフルエンザ(H1N1)2009に伴うARDSにPMX-DHP療法が奏効した1例. 感染症学雑誌 89(3):416-421, 2015.

埴淵昌毅, 大塚憲司, 塚ア佑貴, 坂下直実, 功刀しのぶ, 福田悠, 西岡安彦. Acute fibrinous and organizing pneumoniaパターンの特発性間質性肺炎が示唆された1例. THE LUNG perspectives 23(2):2-5, 2015.

佐藤正大, 後東久嗣, 阿部秀一, 竹ア彰夫, 河野弘, 青野純典, 西岡安彦. ヒトfibrocyte分化における遺伝子発現解析と分子標的治療薬による分化制御の検討. 分子呼吸器病 19(1):135-139, 2015.
【学会発表-国際学会】
Yasuhiko Nishioka. Novel mechanisms in acquired resistance to anti-angiogenic therapy against lung cancer and mesothelioma. The 2nd Gene & Immunotherapy Conference Vietnam (Invited lecture). HCM City, Vietnam. 2015年9月25日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Atsuro Saijo, Yoshinori Aono, Hirokazu Ogino, Hirohisa Ogawa, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. The role of fibrocytes in the resistance to anti-angiogenic therapy in malignant pleural mesothelioma and lung cancer. International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015. 東京. 2015年7月9日.

Hirokazu Ogino, Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Atsuro Saijo, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Hisanori Uehara, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Characterization of Sphere-Forming Stem-Like Population of Lung Cancer Cell Line in Multi-Organ Metastasis Model. ATS 2015 International Conference. Denver, CO. 2015年5月19日.

Yasuhiko Nishioka. What is a Role of Fibrocytes in Lung Fibrosis and Cancer? ATS 2015 International Conference (Invited lecture). Denver, CO. 2015年5月19日.

Seidai Sato, Hisatsugu Goto, Shuichi Abe, Terumi Yoshijima, Hiroyasu Okazaki, Akio Takezaki, Yoshinori Aono, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Effect of Kinase Inhibitors for Growth Factor Receptors on the Differentiation of Human Fibrocytes. ATS 2015 International Conference. Denver, CO. 2015年5月17日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Atsuro Saijo, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. The Role of Fibrocytes in the Acquired Resistance to Anti-Angiogenic Therapy with Bevacizumab in Malignant Pleural Mesothelioma. ATS 2015 International Conference. Denver, CO. 2015年5月17日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦. がん免疫を考える〜進歩する基礎研究を臨床へどう活かすか?〜. 第24回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会(ランチョンセミナー). 松江. 2015年12月20日.

西岡安彦. 特発性肺線維症の細胞分子病態研究と治療の進歩.  第30回長崎DDS・再生医療研究会(特別講演). 長崎. 2015年12月4日.

西岡安彦. がん免疫のABC:肺がんに対する免疫療法の理解に向けて. 第56回日本肺癌学会学術集会(シンポジウム). 横浜. 2015年11月28日.

西岡安彦. 日常診療における膠原病肺の鑑別法. 日本呼吸器学会第36回生涯教育講演会(教育講演). 名古屋. 2015年11月1日.

Yasuhiko Nishioka, Hisatsugu Goto. Mechanisms of acquired resistance to anti-angiogenic therapy and new insights toward the overcoming. 第74回日本癌学会学術総会 (Core Symposia 2). 名古屋. 2015年10月8日.

大木弘治, 西岡安彦, 加藤幸成. 新規抗ポドプラニン抗体LpMab-7の抗腫瘍効果の検討. 第19回日本がん分子標的治療学会学術集会(ワークショップ). 松山. 2015年6月11日.

東桃代. 菌血症以外のESBL 感染症もカルバペネムの使用を推奨する. 第63回日本化学療法学会総会(ワークショップ). 東京. 2015年6月5日.

後東久嗣. Life in DUKE -DUKE大学留学体験-. 第55回日本呼吸器学会学術講演会(特別企画). 東京. 2015年4月19日.

西岡安彦. 新規分子標的薬とそのターゲット. 第55回日本呼吸器学会学術講演会(教育講演). 東京. 2015年4月17日.

西岡安彦. 日常診療における膠原病肺の鑑別法. 日本呼吸器学会第36回生涯教育講演会(教育講演). 東京. 2015年4月16日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
埴淵昌毅,加納亮,倉本卓哉,後東久嗣,坂口暁,豊田優子,手塚敏史,西條敦郎,西岡安彦. 癌患者血漿中遊離DNAを用いた遺伝子変異検査技術の比較. 第56回日本肺癌学会学術集会. 横浜. 2015年11月27日.

西條敦郎,坂口暁、手塚敏史,柿内聡司,豊田優子,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦. 当院における膠原病に合併した肺癌の検討. 第56回日本肺癌学会学術集会. 横浜. 2015年11月26日.

荻野広和, 三橋惇志, 後東久嗣, 西條敦郎, 佐藤正大, 坂口暁, 手塚敏史, 倉本卓哉, 田畑祥, 上原久典, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Sphere 形成癌幹細胞様分画のヒト肺癌多臓器転移モデルマウスにおける役割についての解析. 第74回日本癌学会学術総会. 名古屋. 2015年10月10日.

阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 大塚憲司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 新規ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体 NZ-12 の悪性胸膜中皮腫に対する抗腫瘍効果. 第74回日本癌学会学術総会. 名古屋. 2015年10月9日.

荻野広和, 後東久嗣, 三橋惇志, 西條敦郎, 佐藤正大, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 上原久典, 西岡安彦. Sphere 形成癌幹細胞様分画の肺癌多臓器転移における役割についての解析. 第24回日本がん転移学会学術集会・総会. 大阪. 2015年7月23日.

西條敦郎, 後東久嗣, 三橋惇志, 中野万有里, 山子泰斗, 坂口暁, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Fibrocyte はがん幹細胞性維持により肺癌進展を促進する. 第24回日本がん転移学会学術集会・総会. 大阪. 2015年7月23日.

坂口暁, 豊田優子, 手塚敏史, 竹ア彰夫, 中野万有里, 瀧倉輝美, 佐藤正大, 岡ア弘泰, 大塚憲司, 柿内聡司, 後東久嗣, 岸潤, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 肺胞出血をきたした 11 症例の検討. 第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京. 2015年6月11日.

三橋惇志, 後東久嗣, 西條敦郎, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 線維細胞(fibrocytes)が関わる血管新生阻害剤に対する獲得耐性メカニズム. 第19回日本がん分子標的治療学会学術集会. 松山. 2015年6月11日.

大塚憲司, 埴淵昌毅, 後東久嗣, 西岡安彦. 肺癌に対する抗PD-L1抗体治療の基礎的検討. 第19回日本がん分子標的治療学会学術集会. 松山. 2015年6月11日.

小川博久, 手塚敏史, 西岡安彦. ダニ抗原経鼻感作はIL-17を増加させ平滑筋肥厚を伴う気道リモデリングを誘導する. 第64回日本アレルギー学会学術大会. 東京. 2015年5月27日.

筑後桃子, 岸潤, 豊田優子, 河野弘, 西岡安彦. 関節リウマチ患者における栄養評価法の検討. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会. 名古屋. 2015年4月24日.

豊田優子, 瀧倉輝実, 近藤真代, 佐藤正大, 尾崎領彦, 岸潤, 手塚敏史, 河野弘, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 膠原病に合併した血球貪食性リンパ組織球症の4症例. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会. 名古屋. 2015年4月24日.

佐藤正大, 後東久嗣, 森住俊, 阿部秀一, 吉嶋輝実, 岡ア弘泰, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 肺線維芽細胞に対するfibrocyteの作用とnintedanibの抑制効果. 第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2015年4月19日.

埴淵昌毅, 中瀬勝則, 豊埼纏, 木下成三, 島田久夫, 鶴尾美穂, 吾妻雅彦, 葉久貴司, 西岡安彦. 徳島市におけるCOPD検診システムの構築. 第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2015年4月19日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Atsuro Saijo, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Yoshinori Aono, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Fibrocytes mediate acquired resistance to anti-angiogenic therapy with bevacizumab. 第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2015年4月18日.

中村信元, 東桃代, 宇高憲吾, 三木浩和, 賀川久美子, 西岡安彦, 馬原文彦, 藤田博己. 当院で経験した重症熱性血小板減少症候群の3例. 第89回日本感染症学会学術講演会. 京都. 2015年4月17日.

手塚敏史, 小川博久, 豊田優子, 竹ア彰夫, 佐藤正大, 岡ア弘泰, 吉嶋輝実, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Plasminogen Activator Inhibitor-1 阻害剤(IMD-4690)の慢性喘息モデルマウスにおける検討. 第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2015年4月17日.

柿内聡司, 荻野広和, 大塚憲司, 坂口暁, 西條敦郎, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当院における間質性肺炎合併肺癌の治療の現状. 第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2015年4月17日.

東 桃代, 西岡安彦. 耐性緑膿菌持続感染における創部へのポリミキシン B 硫酸塩散布の検討. 第89回日本感染症学会学術講演会. 京都. 2015年4月17日.

中野万有里, 吉嶋輝実, 埴淵昌毅, 中村信元, 三木浩和, 賀川久美子, 西岡安彦. Pneumocystis jiroveciに対しST合剤の脱感作療法を行った4症例の検討. 第89回日本感染症学会学術講演会. 京都. 2015年4月16日.

岩坂麻衣子, 佐藤正大, 坂口暁, 豊田優子, 小川博久, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosisにおける間質性肺炎マーカーの検討. 第112回日本内科学会総会. 京都. 2015年4月11日.

荻野広和, 豊田優子, 中野万有里, 東桃代, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 皮膚筋炎に対してステロイドおよび免疫抑制剤による加療中に発症した播種性Mycobacterium avium症の1例. 第90回日本結核病学会総会. 長崎. 2015年3月27日.

東桃代, 中曽亜佐美, 藤原範子, 畑美智子, 加藤真介, 西岡安彦. 「HYDRO AG」を用いたタッチパネル液晶保護フィルムの医療現場における有用性の検討. 第30回日本環境感染学会総会・学術集会. 神戸. 2015年2月20日.
【学会発表-国内地方学会】
四宮由貴,佐藤正大,竹ア彰夫,近藤真代,瀧倉輝実,坂口暁、豊田優子,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,西岡安彦. サルコイドーシス経過観察中に発症した結核性胸膜炎の1例. 第24回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 松江. 2015年12月20日.

米田浩人,佐藤正大,香川耕造,荻野広和,竹ア彰夫,坂口暁,豊田優子,東桃代,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,西岡安彦. 骨髄異形成症候群に播種性結核症を合併し治療に難渋した一例. 第66回日本結核病学会中国四国支部会. 松江. 2015年12月19日.

猪子未希,荻野広和,中野万有里,岡ア弘泰,大塚憲司,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,坂東良美,常山幸一,西岡安彦. 脳、口蓋垂、喉頭および小腸への遠隔転移を形成する稀な臨床経過をたどった右上葉原発多形癌の一剖検例.  第54回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 松江. 2015年12月19日.

曽我部洋平,佐藤正大,西條敦郎,中野万有里,河野弘,坂口暁,豊田優子,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,西岡安彦. 癌性髄膜炎に対しアファチニブが奏効した2例. 第54回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 松江. 2015年12月19日.

近藤真代,佐藤正大,手塚敏史,豊田優子,飛梅亮,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,西岡安彦. 胸膜炎・心外膜炎を契機に診断された成人Still病の2例.  第113回日本内科学会四国地方会. 高松. 2015年12月6日.

森住俊,佐藤正大,荻野広和,近藤真代,手塚敏史,豊田優子,後東久嗣,岸潤,埴淵昌毅,西岡安彦. 当科で施行された胸膜癒着術におけるタルク製剤とOK-432の使用成績の比較. 第113回日本内科学会四国地方会. 高松. 2015年12月6日.

山下雄也,荻野広和,岸潤,豊田優子,森住俊,近藤真代,瀧倉輝実,佐藤正大,河野弘,手塚敏史,後東久嗣,埴淵昌毅、西岡安彦. 胸膜炎、ネフローゼ症候群および重症僧帽弁閉鎖不全症を呈した全身性エリテマトーデスの一例. 第26回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会. 岡山. 2015年12月5日.

梶田敬介, 佐藤正大, 豊田優子, 坂口暁, 手塚敏史, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. PS不良ALK融合遺伝子陽性の若年肺腺癌に対しクリゾチニブが奏効した一例. 第251回徳島医学会学術集会. 徳島. 2015年8月2日.

香川耕造, 坂口暁, 塚ア佑貴, 佐藤正大, 飛梅亮, 米田浩人, 竹ア彰夫, 手塚敏史, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 癌性髄膜炎にafatinibが奏効したEGFR exon18 G719A変異をもつ肺腺癌の一例. 第54回日本肺癌学会中国・四国支部会. 松山. 2015年7月3日.

猪子未希, 荻野広和, 坂口暁, 岸昌美, 豊田優子, 近藤真代, 中野万有里, 岸潤, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Nocardia wallacei感染症の1例. 第53回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 松山. 2015年7月3日.

武井美貴子,近藤真代,佐藤正大,河野弘,豊田優子,埴淵昌毅,西岡安彦. 好酸球性胆管炎を合併した全身性エリテマトーデスの1例. 第112回日本内科学会四国地方会. 高知. 2015年6月7日.

瀧倉輝実,坂口暁,森住俊,大塚憲司,岸昌美,手塚敏史,西條敦郎,柿内聡司,埴淵昌毅,西岡安彦. N-acetylcysteine吸入が有効であったピルフェニドン抵抗性特発性肺線維症の1例. 第112回日本内科学会四国地方会. 高知. 2015年6月7日.

尾崎領彦, 坂口暁, 手塚敏史, 大塚憲司, 森住俊, 岸潤, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 胸膜直下に帯状に分布するすりガラス陰影で発症した、自己免疫性肺胞蛋白症の一例. 第23回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 高知. 2015年2月28日.

中野万有里, 東桃代, 瀧倉輝実, 坂口暁, 豊田優子, 上回紗代, 安部秀斉, 埴淵昌毅, 土井俊夫, 西岡安彦. 長期間ステロイド投与が発症の契機となった、Mycobacterium intracellulareによる関節炎と骨髄炎の2症例. 第65回日本結核病学会中国四国支部会. 高知. 2015年2月28日.

野田和克, 東桃代, 西迫寛隆, 伏谷秀治, 佐藤雅美, 畑美智子, 石澤啓介, 西岡安彦. 真菌感染BUNDLEの徳島大学病院での活用について. 第250回徳島医学会学術集会. 徳島. 2015年2月1日.

稲垣太造, 荻野広和, 坂口暁, 豊田優子, 中野万有里, 森住俊, 佐藤正大, 小川博久, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosisにおける間質性肺炎マーカーの検討. 第250回徳島医学会学術集会. 徳島. 2015年2月1日.

丸橋朋子, 中村信元, 曽我部公子, 八木ひかる, 高橋真美子, 宇高憲吾, 藤井志朗, 三木浩和, 賀川久美子, 安倍正博, 西條敦郎, 中野万有里, 東桃代, 西岡安彦, 近藤憲保, 井内新, 藤田博己, 馬原文彦. 当院で経験した重症熱性血小板減少症候群の3例. 第250回徳島医学会学術集会. 徳島. 2015年2月1日.
2014年業績
【欧文総説等】
Hanibuchi M, Kim SJ, Fidler IJ, Nishioka Y. The molecular biology of lung cancer brain metastasis: an overview of current comprehensions and future perspectives. J Med Invest 61(3,4):241-253, 2014.

Nishioka Y. Physician scientists in respiratory medicine. Respir Investig 52(5):279, 2014.

Nishioka Y. New wave of immunotherapy against lung cancer rolls in to clinic. Transl Lung Cancer Res 3(1):1, 2014.

Goto H, Mitsuhashi A, Nishioka Y. Role of surfactant protein A in non-infectious lung diseases. J Med Invest 61(1,2):1-6, 2014.
【欧文原著】
Matsuo T, Dat LT, Komatsu M, Yoshimaru T, Daizumoto K, Sone S, Nishioka Y, Katagiri T. Early growth response 4 is involved in cell proliferation of small cell lung cancer through transcriptional activation of its downstream genes. PLoS ONE 9(11):e113606, 2014.

Ogawa H, Ledford JG, Mukherjee S, Aono Y, Nishioka Y, Lee JJ, Izumi K, Hollingsworth JW. Surfactant protein D attenuates sub-epithelial fibrosis in allergic airways disease through TGF-beta. Respir Res 15(1):143, 2014.

Sato S, Hanibuchi M, Fukuya A, Yabuki Y, Bando H, Yoshijima T, Goto H, Ogawa H, Nishioka Y. Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis is characterized by an elevated serum level of surfactant protein-D, but Not Krebs von den Lungen-6. Lung 192(5):711-717, 2014.

Aono Y, Kishi M, Yokota Y, Azuma M, Kinoshita K, Takezaki A, Sato S, Kawano H, Kishi J, Goto H, Uehara H, Izumi K, Nishioka Y. Role of PDGF/PDGFR axis in the trafficking of circulating fibrocytes in pulmonary fibrosis. Am J Respir Cell Mol Biol 51(6):793-801, 2014.

Yokoi K, Tanei T, Godin B, van de Ven AL, Hanibuchi M, Matsunoki A, Alexander J, Ferrari M. Serum biomarkers for personalization of nanotherapeutics-based therapy in different tumor and organ microenvironments. Cancer Letters 345(1):48-55, 2014.

Toyoda Y, Tabata S, Kishi J, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Saijo A, Kawano H, Goto H, Aono Y, Hanibuchi M, Horikawa H, Nakajima T, Furukawa T, Sone S, Akiyama S, Nishioka Y. Thymidine phosphorylase regulates the expression of CXCL10 in rheumatoid arthritis fibroblast-like synoviocytes. Arthritis Rheum 66(3):560-568, 2014.
【和文著書】
岸潤, 河野弘, 西岡安彦. 強皮症. 最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 85, 杉山幸比古編集. 2014. pp34-41. 最新医学社.

埴淵昌毅. 結核. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. p175. 医歯薬出版株式会社.

豊田優子. シェーグレン症候群・ベーチェット病. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp134-135. 医歯薬出版株式会社.

岸潤. 全身性エリテマトーデス・多発性筋炎/皮膚筋炎・全身性強皮症. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp132-133. 医歯薬出版株式会社.

岸潤. 膠原病・免疫疾患・アレルギー疾患とは. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp128-129. 医歯薬出版株式会社.

柿内聡司. 肺がん・禁煙指導・禁煙支援. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp65-67. 医歯薬出版株式会社.

豊田優子. 過換気症候群. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp63-64. 医歯薬出版株式会社.

柿内聡司. 睡眠時無呼吸症候群. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp61-62. 医歯薬出版株式会社.

後東久嗣. 肺炎. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp59-60. 医歯薬出版株式会社.

後東久嗣. 慢性閉塞性肺疾患・間質性肺炎. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp57-58. 医歯薬出版株式会社.

埴淵昌毅. 咳嗽・痰. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. p29. 医歯薬出版株式会社.

埴淵昌毅. 発熱. 歯界展望 別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 吉本勝彦, 赤池雅史, 苛原稔, 市川哲雄編集. 2014. pp11-12. 医歯薬出版株式会社.

西岡安彦. 細胞・分子生物. 呼吸器疾患文献レビュー2014〜2015. 橋本修監修. 2014. pp12-25. 株式会社学研メディカル秀潤社.
【和文総説】
西岡安彦. COPD診療の現状と徳島県での取り組み. 阿南医報 175:20-21, 2014.

西岡安彦. 肺線維症と増殖因子シグナル. 呼吸と循環 62(9):873-878, 2014.

後東久嗣, 西岡安彦. 新薬の最近の話題「デノスマブ」. 分子呼吸器病 18(1):109-111, 2014.

西岡安彦. 新薬治療薬の開発状況と将来展望. 日本医師会雑誌143(5):1011, 2014.
【和文原著】
木下勝弘, 青野純典, 竹ア彰夫, 岡ア弘泰, 吉嶋輝実, 岸昌美, 東桃代, 岸潤, 泉啓介, 西岡安彦. ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるFAKシグナル阻害薬の抗線維化効果. 分子呼吸器病 18(1):154-157, 2014.

池直子, 刈谷アキ, 濱口真理, 秋森容子, 香西博之, 中野万有里, 町田久典, 畠山暢生, 岡野義夫,篠原勉, 大串文隆. 肺癌化学療法患者のQOL/PRO評価に及ぼす欠測の影響. 高知県医師会医学雑誌 19(1):112-121, 2014.
【学会発表-国際学会】
Yasuhiko Nishioka, Shuichi Abe, Seidai Sato, Yoshinori Aono, Hisatsugu Goto, Masami Kishi, Terumi Yoshijima, Hiroyasu Okazaki, Masaki Hanibuchi. Role of human fibrocytes in regulating pulmonary fibrosis: comprehensive analysis of their gene expression profile and growth factor production. The 18th International Colloquium on Lung and Airway Fibrosis (ICLAF). Mont-Tremblant, Quebec Canada. 2014年9月23日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Atsuro Saijo, Trung The Van, Yoshinori Aono, Hirohisa Ogawa, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Seiji Yano, Keisuke Izumi, Yasuhiko Nishioka. The role of fibrocytes in the resistance to anti-angiogenic therapy in malignant pleural mesothelioma and lung cancer. ATS 2014 International Conference (Mini-symposium). San Diego, CA. 2014年5月21日.

Seidai Sato, Hisatsugu Goto, Shuichi Abe, Masami Kishi, Katsuhiro Kinoshita, Momoyo Azuma,Akio Takezaki, Jun Kishi, Yoshinori Aono, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Effect of Nintedanib (BIBF1120) on fibrocyte-induced fibroblast activation. ATS 2014 International Conference. San Diego, CA. 2014年5月18日.

Hisatsugu Goto, Yasuhiko Nishioka.The role of surfactant protein A in the host defense of the lung. The 117th Conference of KATRD (Invited lecture). Buan, Korea. 2014年4月11日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
後東久嗣,西岡安彦. 急性・亜急性経過を示す間質性肺炎の臨床. 第52回日本呼吸器学会中国・四国地方会(教育講演). 高松. 2014年12月13日.

西岡安彦. がん免疫療法の過去と未来:エビデンスが示した新たな可能性.第62回日本口腔学会 中国・四国地方部会(特別講演). 徳島. 2014年10月25日.

後東久嗣, 三橋惇志, 西條敦郎, 倉本卓哉, 田畑祥, 埴淵昌毅, 柿内聡司, 青野純典, 上原久典, 西岡安彦. ベバシズマブに対する獲得耐性メカニズムとしての線維細胞(fibrocytes)の役割. 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会(シンポジウム). 仙台. 2014年6月27日.

西岡安彦. 間質性肺炎/肺線維症. 第61回日本麻酔科学会学術集会(シンポジウム). 横浜. 2014年5月16日.

西岡安彦. 英語論文の書き方と指導ポイント〜当科における経験から〜. 第54回日本呼吸器学会学術講演会(特別企画). 大阪. 2014年4月27日.

後東久嗣, 三橋惇志, 阿部秀一, 青野純典, 西岡安彦. 呼吸器疾患における慢性炎症と fibrocyte. 第54回日本呼吸器学会学術講演会(シンポジウム). 大阪. 2014年4月27日.

西岡安彦. 肺がん・中皮腫における血管新生阻害薬耐性. 第54回日本呼吸器学会学術講演会(シンポジウム). 大阪. 2014年4月26日.

西岡安彦. 間質性肺炎合併肺癌の治療戦略. 第54回日本呼吸器学会学術講演会(ランチョンセミナー). 大阪. 2014年4月25日.

西岡安彦. がん分子標的治療の基礎と臨床.平成25年度徳島臨床細胞学会総会および学術集会(特別講演). 徳島. 2014年3月6日.

西岡安彦. 高齢者肺炎診療の考え方. 第25回日本老年医学会四国地方会(教育講演). 徳島. 2014年2月23日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
Hitoshi Nishijima, Junko Morimoto, Yasuhiro Mouri, Hiroshi Kawano, Koichi Ikuta, Mitsuru Matsumoto. Approaches to identify Aire-regulated non-tissue-restricted antigen genes by the ectopic expression of Aire in thymic cortex. 第43回日本免疫学会学術集会. 京都. 2014年12月10日.

Hiroshi Kawano, Junko Morimoto, Yasuhiro Mouri, Hitoshi Nishijima, Yasuhiko Nishioka, Mitsuru Matsumoto. Unexpected disturbance of the development of medullary thymic epithelial cells at immature stages by the long-term ablation of mature Aire-expressing cells. 第43回日本免疫学会学術集会. 京都. 2014年12月10日.

柿内聡司, 大塚憲司, 佐藤正大, 西條敦郎, 坂口暁, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当院における間質性肺炎合併肺癌の治療の現状. 第55回日本肺癌学会学術集会. 京都. 2014年11月16日.

櫻田功, 柿内聡司, 田島壮一郎, 寺岡和彦, 中村敏己, 川添和義, 西岡安彦, 楊河宏章, 水口和夫. 肺癌薬物療法における薬剤性間質性肺炎の発症とそのリスク因子の解析. 第55回日本肺癌学会学術集会. 京都. 2014年11月15日.

加藤幸成, 金子美華, 小笠原諭, 西岡安彦. がん特異的抗ポドプラニン抗体の樹立. 第73回日本癌学会学術総会. 横浜. 2014年9月27日.

後東久嗣, 三橋惇志, 西條敦郎, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 上原久典, 矢野聖二, 西岡安彦. ベバシズマブに対する獲得耐性メカニズムとしての線維細胞(fibrocytes)の役割. 第73回日本癌学会学術総会. 横浜. 2014年9月27日.

坂口暁, 後東久嗣, 大串文隆, 葉久貴司, 兼松貴則, 浦田知之, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 曽根三郎, 西岡安彦. 高齢者進行NSCLC患者を対象としてPRO評価を取り入れたTS-1療法の臨床第U相試験. 第52回日本癌治療学会学術集会. 横浜. 2014年8月28日.

大塚憲司,後東久嗣,葉久貴司, 兼松貴則, 浦田知之, 柿内聡司,埴淵昌毅,大串文隆, 曽根三郎, 西岡安彦. 高齢者進行非小細胞肺癌患者を対象としてPRO評価を取り入れたTS-1療法の臨床第U相試験. 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会. 福岡. 2014年7月18日.

加藤幸成, 西岡安彦. 血小板凝集因子Podoplaninに対するがん特異的抗体の開発. 第23回日本がん転移学会学術集会・総会. 金沢. 2014年7月11日.

山子泰斗, 後東久嗣, 三橋惇志, 倉本卓哉, 田畑祥, 西條敦郎, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 小川博久, 上原久典, 西岡安彦. ヒト小細胞肺癌骨転移に対するRANKL標的治療におけるIGF-1の関与. 第23回日本がん転移学会学術集会・総会. 金沢. 2014年7月10日.

後東久嗣, 三橋惇志, 倉本卓哉, 田畑祥, 西條敦郎, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 上原久典, 西岡安彦. 肺癌多臓器転移モデルにおけるsphere形成癌幹細胞様分画の役割. 第23回日本がん転移学会学術集会・総会. 金沢. 2014年7月10日.

大塚憲司, 阿部真治, 埴淵昌毅, 木宿昌俊, 川添和義, 加藤幸成, 西岡安彦. 胸膜中皮腫同所移植モデルにおける抗ポドプラニン抗体の抗腫瘍効果. 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会. 仙台. 2014年6月26日.

東桃代, 西岡安彦. 緑膿菌感染患者におけるTolerance とバイオフィルム形成能の検討. 第88回日本感染症学会学術講演会. 福岡. 2014年6月20日.

中野万有里, 橋直希, 吉嶋輝実, 西條敦郎, 手塚敏史, 東桃代, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当院で経験した重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome: SFTS)の1例. 第88回日本感染症学会学術講演会. 福岡. 2014年6月19日.

佐藤正大, 岸昌美, 木下勝弘, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 血清 SP-D 上昇を認めた Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis (IPPFE) 症例の検討. 第54回日本呼吸器学会学術講演会. 大阪. 2014年4月27日.

岸昌美, 青野純典, 東桃代, 木下勝弘, 佐藤正大, 吉嶋輝実, 竹ア彰夫, 西岡安彦. PDGFレセプター-α, β阻害抗体のブレオマイシン誘発肺線維症モデルマウスにおける抗線維化効果. 第54回日本呼吸器学会学術講演会. 大阪. 2014年4月26日.

柿内聡司, 大塚憲司, 佐藤正大, 西條敦郎, 坂口暁, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当院における間質性肺炎合併肺癌の治療の現状. 第54回日本呼吸器学会学術講演会. 大阪. 2014年4月26日.

豊田優子, 岸潤, 河野弘, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 中島利博, 西岡安彦. 関節リウマチ患者由来の線維芽細胞様滑膜細胞において thymidine phosphorylaseはCXCL10 を制御する. 第58回日本リウマチ学会総会学術集会. 東京. 2014年4月26日.

阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 東満美, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 悪性胸膜中皮腫同所移植モデルにおける抗ポドプラニン抗体の抗腫瘍効果. 第54回日本呼吸器学会学術講演会. 大阪. 2014年4月25日.
【学会発表-国内地方学会】
板東智子,荻野広和,坂口暁,手塚敏史,森住俊,吉嶋輝実,岸潤,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦. 鳥特異的抗体が高値を呈した鳥関連過敏性肺炎の一例. 第52回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 高松. 2014年12月13日.

岩佐あゆみ,佐藤正大,坂口暁,豊田優子,田島壮一郎,櫻田巧,後東久嗣,柿内聡司,埴淵昌毅,西岡安彦. UGT1A1遺伝子のヘテロ接合体(*6または*28)を持つ患者における塩酸イリノテカン投与に関する検討. 第52回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 高松. 2014年12月13日.

近藤真代, 佐藤正大, 豊田優子, 岸潤, 手塚敏史, 吉嶋輝実, 岸昌美, 河野弘, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 血小板減少を契機として診断された高齢者のSLEの2例. 第25回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会. 高知. 2014年12月6日.

森住俊,佐藤正大,坂口暁,豊田優子,岸昌美,小川博久, 柿内聡司,後東久嗣,埴淵昌毅,西岡安彦. Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosisにおける間質性肺炎マーカーの検討. 第111回日本内科学会四国地方会. 松山. 2014年11月30日.

栗原健士, 吉嶋輝実, 坂口暁, 豊田優子, 中野万有里, 岸潤, 手塚敏史, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 経過中に血球貪食症候群を発症し、シクロホスファミド間歇大量静注療法が奏効した重症SLEの1例. 第111回日本内科学会四国地方会. 松山. 2014年11月30日.

山下雄也, 荻野広和, 阿河弘和, 岸昌美, 坂口暁, 吉嶋輝実, 佐藤正大, 柿内聡司, 後東久嗣, 岸潤, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 鳥特異的抗体が高値を呈した鳥関連過敏性肺炎の一例. 第249回徳島医学会学術集会. 徳島. 2014年7月27日.

阿河弘和, 佐藤正大, 近藤真代, 塚ア佑貴, 手塚敏史, 豊田優子, 坂口暁, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当科における悪性胸水貯留例に対するタルク製剤の使用経験. 第53回日本肺癌学会中国・四国支部会. 米子. 2014年7月12日.

松本康平, 尾崎領彦, 豊田優子, 中野万有里, 森住俊, 河野弘, 岸潤, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 高Ca血症にて発症した多臓器サルコイドーシスの1例. 第51回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 米子. 2014年7月12日.

塚ア佑貴, 大塚憲司, 岸昌美, 近藤真代, 吉嶋輝実, 佐藤正大, 岡ア弘泰, 竹ア彰夫, 東桃代, 埴淵昌毅, 坂下直実, 福田悠, 西岡安彦. Acute Fibrinous and Organizing Pneumonia(AFOP)の一剖検例. 第51回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 米子. 2014年7月12日.

荻野広和, 西條敦郎, 大塚憲司, 坂口暁, 手塚敏史, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Lambert-Eaton筋無力症候群を契機に発見された小細胞肺癌の一例. 第53回日本肺癌学会中国・四国支部会. 米子. 2014年7月11日.

尾崎領彦, 豊田優子, 岸潤, 木下勝弘, 手塚敏史, 岸昌美, 佐藤正大, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 左腎動脈閉塞等により結節性多発動脈炎が疑われた血管内膜肉腫の1剖検例. 第110回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2014年6月8日.

近藤真代, 森住俊, 坂口暁, 西條敦郎, 吉嶋輝実, 中野万有里, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. PemetrexedとBevacizumabの併用療法が有効であった高齢者非小細胞肺癌の1例. 第110回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2014年6月8日.

齋藤友子, 伊勢孝之, 發知淳子, 山口浩司, 岩瀬俊, 山田博胤, 添木武, 若槻哲三, 後東久嗣, 佐田政隆. 左室収縮不全と間質性肺炎に伴う肺高血圧症を合併した皮膚筋炎の1例. 第110回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2014年6月8日.

山本聖子, 埴淵昌毅, 森住俊, 岸昌美, 木下勝弘, 河野弘, 竹ア彰夫, 豊田優子, 東桃代, 後東久嗣, 岸潤, 西岡安彦. 左上葉無気肺を呈したアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の一例. 第248回徳島医学会. 徳島. 2014年2月16日.

津保友香, 埴淵昌毅, 滝沢宏光, 吉田光輝, 吉嶋輝実, 大塚憲司, 佐藤正大, 西條敦郎, 豊田優子, 手塚敏史, 柿内聡司, 後東久嗣, 坂東良美, 先山正二, 西岡安彦. 肺原発滑膜肉腫の一例. 第248回徳島医学会. 徳島. 2014年2月16日.

尾崎領彦, 橋直希, 後東久嗣, 豊田優子, 手塚敏史, 大塚憲司, 西條敦郎, 坂口暁, 木下勝弘, 柿内聡司, 小川博久, 川上行奎, 埴淵昌毅, 近藤和也, 先山正二, 泉啓介, 西岡安彦. 気管支鏡直視下生検にて診断に至ったoncocytic carcinoidの一例. 第22回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 岡山. 2014年2月15日.

是松麻美, 内藤伸仁, 岸昌美, 中野万有里, 吉田光輝, 川上行奎, 木下勝弘, 東桃代, 吉嶋輝実, 佐藤正大, 岸潤, 森河由里子, 松山友理子, 榊美佳, 坂東良美, 渡邉俊介, 上原久典, 泉啓介, 先山正二, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 胸水中に多数のLanghans型巨細胞を認めたMycobacterium avium症に伴う胸膜炎の一例. 第64回日本結核病学会中国四国支部会. 岡山. 2014年2月15日.
2013年業績
【欧文総説】
Nishioka Y, Azuma M, Kishi M, Aono Y. Targeting platelet-derived growth factor as a therapeutic approach in pulmonary fibrosis. J Med Invest 60(3,4):175-183, 2013.

【欧文原著】
Honjo A, Ogawa H, Azuma M, Tezuka T, Sone S, Biragyn A, Nishioka Y. Targeted reduction of CCR4+ cells is sufficient to suppress allergic inflammation. Respir Investig 51(4):241-249, 2013.

Kinoshita K, Aono Y, Azuma M, Kishi J, Takezaki A, Kishi M, Makino H, Okazaki H, Uehara H, Izumi K, Sone S, Nishioka Y. Antifibrotic effects of focal adhesion klinase inhibitor in bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice. Am J Respir Cell Mol Biol 49(4):536-543, 2013.

Okamoto T, Miyazaki Y, Ogura T, Chida K, Kohno N, Kohno S, Taniguchi H, Akagawa S, Mochizuki Y, Yamauchi K, Takahashi H, Johkoh T, Homma S, Kishi K, Ikushima S, Konno S, Mishima M, Ohta K, Nishioka Y, Yoshimura N, Munakata M, Watanabe K, Miyashita Y, Inase N. A nationwide epidemiological survey of chronic hypersensitivity pneumonitis in Japan. Respir Investig 51(3):191-199, 2013.

Yamada T, Takeuchi S, Fujita N, Nakamura A, Wang W, Li Q, Oda M, Mitsudomi T, Yatabe Y, Sekido Y, Yoshida J, Higashiyama M, Noguchi M, Uehara H, Nishioka Y, Sone S, Yano S. Akt kinase -interacting protein1, a novel therapeutic target for lung cancer with EGFR-activating and gatekeeper mutations. Oncogene 32(37):4427-4435, 2013.

Huang J, Tabata S, Kakiuchi S, The Van T, Goto H, Hanibuchi M, Nishioka Y. Identification of pregnancy -associated plasma protein A as a migration-promoting gene in malignant pleural mesothelioma cells: a potential therapeutic target. Oncotarget 4(8):1172-1184, 2013.

Abe S, Morita Y, Kaneko MK, Hanibuchi M, Tsujimoto Y, Goto H, Kakiuchi S, Aono Y, Huang J. Sato S, Kishuku M, Taniguchi Y, Azuma M, Kawazoe K, Sekido Y, Yano S, Akiyama SI, Sone S. Minakuchi K, Kato Y, Nishioka Y. A novel targeting therapy of malignant mesothelioma using anti-podoplanin antibody. J Immunol 190(12):6239-6249, 2013.

Mitsuhashi A, Goto H, Kuramoto T, Tabata S, Yukishige S, Abe S, Hanibuchi M, Kakiuchi S, Saijo A, Aono Y, Uehara H, Yano S, Ledford JG, Sone S, Nishioka Y. Surfactant protein A suppresses lung cancer progression by regulating the polarization of tumor-associated macrophages. Am J Pathol 182(5):1843-1853, 2013.

Ishiguro N, Yamamoto K, Katayama K, Kondo M, Sumida T, Mimori T, Soen S, Nagai K, Yamaguchi T, Hara M, Iguratimod-Clinical Study Group (Kishi J). Concomitant iguratimod therapy in patients with active rheumatoid arthritis despite stable doses of methotrexate: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol 23(3):430-439, 2013.

Matsui S, Hebisawa A, Sakai F, Yamamoto H, Terasaki Y, Kurihara Y, Waseda Y, Kawamura T, Miyashita T, Inoue H, Hata N, Masubuchi H, Sugino K, Kishi J, Kobayashi H, Usui Y, Komazaki Y, Kawabata Y, Ogura T. Immunoglobulin G4-related lung disease: clinicoradiological and pathological features. Respirology 18(3):480-487, 2013.

Sato S, Hanibuchi M, Kuramoto T, Yamamori N, Goto H, Ogawa H, Mitsuhashi A, Van TT, Kakiuchi S, Akiyama SI, Nishioka Y, Sone S. Macrophage stimulating protein promotes liver metastases of small cell lung cancer cells by affecting the organ microenvironment. Clin Exp Metastasis 30(3):333-344, 2013.

Makino H, Aono Y, Azuma M, Kishi M, Yokota Y, Kinoshita K, Takezaki A, Kishi J, Kawano H, Ogawa H, Uehara H, Izumi K, Sone S, Nishioka Y. Antifibrotic effects of CXCR4 antagonist in bleomycin -induced pulmonary fibrosis in mice. J Med Invest 60(1-2):127-137, 2013.

Yuasa S, Yamaguchi H, Nakanishi Y, Kawaminami S, Tabata R, Shimizu N, Kohno M, Shimizu T, Miyata J, Nakayama M, Kishi J, Toyoda Y, Nishioka Y, Tani K. Treatment responses and their predictors in patients with rheumatoid arthritis treated with biological agents. J Med Invest 60(1-2):77-90, 2013.
【和文著書】
西岡安彦, 青野純典. 安定期と増悪期の対応. 特発性間質性肺炎の治療と管理, 杉山幸比古編集. 2013. pp 177-184. 克誠堂出版株式会社.

西岡安彦. 特発性器質化肺炎. 内科学 第10版, 矢ア義雄総編集. 2013. pp 806-808. 朝倉書店.

西岡安彦. Fibrocyteと呼吸器疾患. 別冊・医学のあゆみ 呼吸器疾患-state of arts Ver.6, 北村諭, 巽浩一郎, 石井芳樹編集. 2013. pp 23-25, 医歯薬出版株式会社.

西岡安彦. 症状と病態生理. 臨床病態学1巻(第2版), 北村聖総編集. 2013. pp 231-233. ヌーヴェルヒロカワ.

西岡安彦. 副腎皮質ステロイド薬. 呼吸器疾患最新の治療2013-2015, 貫和敏博, 杉山幸比古, 門田淳一編集. 2013. pp 97-101. 南江堂.

西岡安彦. 肺線維化におけるfibrocyteの役割. Annual Review 2013 呼吸器. 永井厚志, 巽浩一郎, 桑野和善, 高橋和久編集. 2013. pp28-33. 中外医学社.
【和文総説】
西岡安彦, 後東久嗣. 肺胞上皮障害と修復. 呼吸と循環 61(12):1146-1151, 2013.

後東久嗣, 西岡安彦. 放射線肺臓炎. 日本臨牀 71(増6):526-529, 2013.

西岡安彦, 青野純典. Fibrocyteの役割. 日本胸部臨床 72(増):S186-189, 2013.

西岡安彦. 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部呼吸器・膠原病内科学分野のご紹介. 徳島県医師会報 508:32-33, 2013.

西岡安彦. 分子標的治療と免疫療法. 癌と化学療法 40(8):1004-1008, 2013.

佐藤正大, 西岡安彦, 曽根三郎. ヒト肺癌多臓器転移モデルとmacrophage stimulatuing protein. THE LUNG perspectives 21(3):72-77, 2013.

西岡安彦. IPFの臨床試験を考える(巻頭言). 呼吸と循環 61(7):603, 2013.

後東久嗣, 柿内聡司, 西岡安彦. 肺がん細胞の骨転移に関与する遺伝子の探索. 生体の科学 64(3):279-282, 2013.

西岡安彦. 間質性肺炎の診断と治療:最近の進歩. 日本臨床内科医会会誌 28(1):46-50, 2013.

西岡安彦,青野純典. 間質性肺炎と増殖因子. アレルギーの臨床 443(33):421-424, 2013.

西岡安彦. 難治性呼吸器疾患の分子病態解明と新規治療法の開発. 四国医学雑誌 69(1,2):52-56, 2013.

柿内聡司, 西岡安彦. mTOR阻害薬による肺障害とその対応. 分子呼吸器病 17(1):42-45, 2013.

岸潤, 河野弘, 西岡安彦. 関節リウマチと間質性肺病変.リウマチ科 49(2):161-165, 2013.

西岡安彦, 青野純典, 阿部秀一. 肺線維症における線維芽細胞の由来. 呼吸器内科 23(1):20-24, 2013.
【和文原著】
東桃代, 中曽亜佐美, 西野さおり, 高開登茂子, 先山正二, 加藤真介, 西岡安彦. 医療従事者における泡状アルコール性手指消毒剤の殺菌効果, 塗布面積及び使用感に関する検討. 日本環境感染学会誌 28(6):342-347, 2013.

青野純典, 岸昌美, 岡ア弘泰, 竹ア彰夫, 西岡安彦. ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるPDGFレセプターα,β阻害抗体の抗線維化効果. 分子呼吸器病 17(1):136-139, 2013.
【学会発表-国際学会】
Yoshinori Aono, Shuichi Abe, Katsuhiro Kinoshita, Masami Kishi, Yasuhiko Nishioka. Fibrocyte regulates lung fibroblast acivation via producing growth factors. 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 横浜. 2013年11月13日.

Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Sawaka Yukishige, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Atsuro Saijo, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Seiji Yano, Julie G Ledford, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in nude mice via modulating host immune response. 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 横浜. 2013年11月13日.

Masaki Hanibuchi, Sun-Jin Kim, Kenji Otsuka, Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Yasuhiko Nishioka, Isaiah J. Fidler. Therapeutic efficacy of endothelin receptor blockade on experimental brain metastases of human non-small cell lung cancer. 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 横浜. 2013年11月13日.

Hisatsugu Goto, Fumitaka Ogushi, Takashi Haku, Tomoyuki Urata, Takanori Kanematsu, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Phase U study of S-1 with patient-reported outcome evaluation in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer. 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 横浜. 2013年11月13日.

Katsuhiro Kinoshita, Yoshinori Aono, Hisatsugu Goto, Momoyo Azuma, Akio Takezaki, Terumi Yoshijima, Masami Kishi, Jun Kishi, Yuko Toyoda, Hiroshi Kawano, Shuichi Abe, Toshifumi Tezuka, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Yasuhiko Nishioka. Antifibrotic effects of focal adhesion kinase inhibitor in bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice. 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 横浜. 2013年11月12日.

Momoyo Azuma, Keiji Murakami, Katuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Yoichiro, Miyake, Yasuhiko Nishioka. The relationship between antibiotic tolerance and severity of clinical isolated Pseudomonas aeruginosa in respiratory disease patients. The28th International Congress of Chemotherapy and Infection and the 14th Asia-pacific Society of Clinical Microbiology and Infection. 横浜. 2013年6月7日.

Yasuhiko Nishioka, Shuichi Abe, Yoshinori Aono, Katsuhiro Kinoshita, Hideki Makino, Masami Kishi, Masaki Hanibuchi. Fibrocytes regulate function of lung fibroblasts by producing profibrotic growth factors. ATS 2013 Conference. Philadelphia, PA. 2013年5月22日.

Hirohisa Ogawa, J.G. Ledford, S. Mukherjee, Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, Keisuke Izumi, J.W. Hollingsworth. Surfactant protein D attenuates sub-epithelial fibrosis in a model of allergic airways disease trough regulation of TGF-β. ATS 2013 Conference. Philadelphia, PA. 2013年5月21日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Sawaka Yukishige, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Atsuro Saijo, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Seiji Yano, Julie G. Ledford, Saburo Sone, and Yasuhiko Nishioka. Surfactant protein A suppresses lung cancer progression by regulating tumor-associated macrophage polarization. ATS 2013 Conference. Philadelphia, PA. 2013年5月21日.

Jun Huang, Dai-Shun Liu, Soji Kakiuchi, Hisatsugu Goto, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Therapeutic efficacy of RNA interference targeting focal adhesion kinase against orthotropic xenograft of human malignant pleural mesothelioma in SCID mice. AACR Annual Meeting 2013. Washington, DC. 2013年4月7日.

Yasuhiko Nishioka. Application of dendritic cells and antibodies in cancer treatment. The first Gene & Immunotherapy Conference (Invited lecture). HCM City, Vietnam. 2013年3月21日.

Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Trung The Van, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Atsuro Saijo, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Seiji Yano, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Acquired resistance to anti-VEGF therapy via angiogenic switch in orthotopically implanted human malignant pleural mesothelioma in SCID mice. Ninth AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference: Breakthroughs in Basic and Translational Cancer Research. Maui, HI. 2013年2月24日.

Sawaka Yukishige, Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Atsuro Saijyo, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Seiji Yano, Julie G. Ledford, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Surfactant protein A suppresses lung cancer progression by regulating tumor-associated macrophage polarization. Ninth AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference: Breakthroughs in Basic and Translational Cancer Research. Maui, HI. 2013年2月24日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦. 特発性間質性肺炎の診断と治療-最近の話題-. 第49回日本内科学会四国支部生涯教育講演会(教育講演). 高松. 2013年12月1日.

西岡安彦. 肺癌におけるベバシズマブを用いた抗血管新生療法に対する獲得耐性メカニズム. 第72回日本癌学会学術総会(International Session). 横浜. 2013年10月3日.

西岡安彦. Translational Research. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会(教育講演). 仙台. 2013年8月30日.

西岡安彦. がん分子標的治療の基礎と臨床. 日本放射線腫瘍学会 第15回放射線腫瘍学夏季セミナー(教育講演). 徳島. 2013年8月3日.

阿部秀一, 青野純典, 岡ア弘泰, 岸昌美, 竹ア彰夫, 木下勝弘, 東桃代, 岸潤, 西岡安彦. 肺線維症における増殖因子産生を介したfibrocyteの役割と検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会(ミニシンポジウム). 東京. 2013年4月20日.

青野純典. 阿部秀一, 竹ア彰夫, 岡ア弘泰, 岸昌美, 西岡安彦. DNAマイクロアレイ法を用いたFibrocyteと単球の遺伝子発現解析の検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会(ミニシンポジウム). 東京. 2013年4月20日.

小川博久,青野純典,手塚敏史,後東久嗣,西岡安彦. Surfactant Protein Dはダニ抗原慢性暴露による気道線維化を抑制する.第53回日本呼吸器学会学術講演会(ミニシンポジウム). 東京. 2013年4月20日.

後東久嗣, 三橋惇志,青野純典,西岡安彦. 肺癌進展におけるSP-Aと腫瘍関連マクロファージ. 第53回日本呼吸器学会学術講演会(シンポジウム). 東京. 2013年4月19日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
手塚敏史, 小川博久, 木下勝弘, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Calpain inhibitor(Calpeptin)の喘息モデルマウスにおける検討. 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京. 2013年11月30日.

岡野義夫, 後東久嗣, 葉久貴司, 兼松貴則, 浦田知之, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 大串文隆, 曽根三郎, 西岡安彦. 高齢者進行非小細胞肺癌患者を対象としてPRO評価を取り入れたTS-1療法の臨床第U相試験. 第54回日本肺癌学会総会. 東京. 2013年11月21日.

手塚敏史, 豊田優子, 柿内聡司, 大塚憲司, 西條敦郎, 木下勝弘, 後東久嗣, 櫻田巧, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当科の肺癌化学療法におけるshort-hydration Cisplatinの忍容性に関する検討. 第51回日本癌治療学会学術集会. 京都. 2013年10月25日.

西條敦郎, 柿内聡司, 手塚敏史, 後東久嗣, 山子泰斗, 大塚憲司, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当院におけるBevacizumab長期維持投与症例の検討. 第51回日本癌治療学会学術集会. 京都. 2013年10月25日.

柿内聡司, 大塚憲司, 西條敦郎, 手塚敏史, 豊田優子, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当院における間質性肺炎合併肺癌の治療の現状. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会. 仙台. 2013年8月31日.

西條敦郎, 後東久嗣, 田畑祥, 三橋惇志, 豊田優子, 埴淵昌毅, 柿内聡司, 秋山伸一, 西岡安彦. がん細胞の遊走におけるthymidine phosphorylaseとCXCL11の役割. 第22回日本がん転移学会学術集会・総会. 松本. 2013年7月11日.

後東久嗣, 三橋惇志, 倉本卓哉, 田畑祥, 西條敦郎, 埴淵昌毅, 柿内聡司, 青野純典, 上原久典, 曽根三郎, 西岡安彦. 肺surfactant protein A (SP-A) の肺癌進展における機能解析. 第22回日本がん転移学会学術集会・総会. 松本. 2013年7月11日.

近藤育美, 大下崇史, 元木由美, 埴淵昌毅, 武久洋三. 慢性期病院での医療クラークの役割について.第63回日本病院学会. 新潟. 2013年6月28日.

大西弘祐, 大鹿保香, 阿部日登美, 元木由美, 埴淵昌毅, 武久洋三. 慢性期病棟での喀痰吸引カテーテル管理方法について. 第63回日本病院学会. 新潟. 2013年6月28日.

元木由美, 大鹿保香, 阿部日登美, 長尾優子, 埴淵昌毅, 武久洋三. 胃瘻栄養患者における糖質制限食の有効性について. 第63回日本病院学会. 新潟. 2013年6月27日.

埴淵昌毅, 大塚憲司, 後東久嗣, 倉本卓哉, 三橋惇志, 西岡安彦, 曽根三郎, フィドラー イザイアー J. Endothelin受容体拮抗剤による肺癌脳転移抑制効果の検討. 第17回日本がん分子標的治療学会学術集会. 京都. 2013年6月13日.

黄俊, 田畑祥, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 悪性中皮腫におけるPAPPAの機能解析と分子標的治療法開発の検討. 第17回日本がん分子標的治療学会学術集会. 京都. 2013年6月13日.

三橋惇志, 後東久嗣, 西條敦郎, 倉本卓哉, 田畑祥, 埴淵昌毅, 矢野聖二, 曽根三郎, 西岡安彦. 悪性胸膜中皮腫同所移植マウスモデルにおける抗VEGF治療耐性化メカニズムの検討. 第17回日本がん分子標的治療学会学術集会. 京都. 2013年6月13日.

岸潤, 中川麻耶, 河野弘, 西尾進, 平田有紀菜, 山田博胤, 佐田政隆, 西岡安彦. 膠原病の関節炎における腋窩リンパ節の超音波性状に関する検討. 第86回日本超音波医学会学術集会. 大阪. 2013年5月25日.

阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 木宿昌俊, 川添和義, 東満美, 埴淵昌毅, 水口和生, 西岡安彦. ヒトNK細胞を介した抗ポドプラニン抗体NZ-8の悪性胸膜中皮腫に対する抗腫瘍効果. 第53回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2013年4月21日.

Jun Huang, Dai-Shun Liu, Soji Kakiuchi, Hisatsugu Goto, Masaki Hanibuchi, Yasuhiko Nishioka. Therapeutic efficacy of RNA interference targeting focal adhesion kinase against orthotropic xenograft of human malignant pleural mesothelioma in SCID mice. 第53回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2013年4月21日.

吉嶋輝実, 河野弘, 手塚敏史, 豊田優子, 岸潤, 西岡安彦. 原因不明の末梢閉塞性動脈疾患加療中に冠動脈瘤が発覚し高安動脈炎と診断した1例. 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会. 京都. 2013年4月20日.

埴淵昌毅, 後東久嗣, 近藤真代, 山子泰斗, 岡ア弘泰, 手塚敏史, 西岡安彦. 当院におけるIdiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis(IPPFE)症例の検討-IgG4関連疾患との関連性-. 第110回日本内科学会講演会. 東京. 2013年4月13日.

柿内聡司, 大塚憲司, 山子泰斗, 西條敦郎, 手塚敏史, 後東久嗣, 青野純典, 埴淵昌毅, 西岡安彦.当院における間質性肺炎合併肺癌の治療の現状. 第110回日本内科学会講演会. 東京. 2013年4月12日.

後東久嗣. 小葉中心性小粒状陰影と強い閉塞性換気障害を呈した慢性過敏性肺炎の一例. 第5回呼吸機能イメージング研究会学術集会. 徳島. 2013年1月13日.
【学会発表-国内地方学会】
内藤伸仁, 河野弘, 大塚憲司, 豊田優子, 岸潤, 手塚敏史, 木下勝弘, 吉嶋輝実, 岸昌美, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 腹部大動脈周囲炎を伴った多発血管炎性肉芽腫症の2例. 第24回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会. 米子. 2013年12月7日.

山本聖子, 埴淵昌毅, 森住俊, 岸昌美, 木下勝弘, 河野弘, 竹ア彰夫, 豊田優子, 東桃代, 後東久嗣, 岸潤, 西岡安彦. 左上葉無気肺を呈したアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の一例. 第50回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 広島. 2013年12月7日.

津保友香, 埴淵昌毅, 滝沢宏光, 吉田光輝, 吉嶋輝実, 大塚憲司, 佐藤正大, 西條敦郎, 豊田優子, 手塚敏史, 柿内聡司, 後東久嗣, 坂東良美, 先山正二, 西岡安彦. 肺原発滑膜肉腫の一例. 第50回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 広島. 2013年12月7日.

矢葺洋平, 西條敦郎, 木下勝弘, 岸昌美, 大塚憲司, 埴淵昌毅, 西岡安彦, 井内新, 青野純典. 徳島県で発生した重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome: SFTS)の1例. 第109回日本内科学会四国地方会. 高松. 2013年12月1日 .

坂東弘基, 埴淵昌毅, 豊田優子, 手塚敏史, 吉嶋輝実, 後東久嗣, 柿内聡司, 岸潤, 西岡安彦, 坂本幸裕. 気管支拡張症を呈した原発性線毛運動不全症の1例. 第109回日本内科学会四国地方会.高松. 2013年12月1日.

長瀬紗季, 豊田優子, 阿部秀一, 岸潤, 河野弘, 手塚敏史, 吉嶋輝実, 埴淵昌毅, 池田真由美, 先山正二, 西岡安彦. サルコイドーシスの経過観察中に肺腺癌を合併した1例. 第49回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 高松. 2013年7月20日.

是松麻美, 岸昌美, 青野純典, 竹ア彰夫, 東桃代, 木下勝弘, 阿部秀一, 埴淵昌毅, 吉田光輝, 先山正二, 福田悠, 西岡安彦. 徳島大学病院における胸腔鏡(VATS)下肺生検症例の検討. 第49回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 高松. 2013年7月19日.

尾崎領彦, 柿内聡司, 手塚敏史, 西條敦郎, 大塚憲司, 山子泰斗, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 徳島大学病院におけるBevacizumab 長期維持投与例の検討. 第52回日本肺癌学会中国・四国支部会. 高松. 2013年7月19日.

高橋直希, 埴淵昌毅, 青野純典, 木下勝弘, 東桃代, 岸昌美, 竹ア彰夫, 西條敦郎, 後東久嗣, 西岡安彦. 当院におけるidiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis(IPPFE)症例の検討. 第108回日本内科学会四国地方会. 高知. 2013年6月9日.

森住俊, 大塚憲司, 豊田優子, 河野弘, 岸潤, 手塚敏史, 吉嶋輝実, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 脳炎と腹部大動脈瘤を合併した多発血管炎性肉芽腫症の1例. 第108回日本内科学会四国地方会. 高知. 2013年6月9日.

米田浩人, 手塚敏史, 青野純典, 香川耕造, 西條敦郎, 山子泰斗, 大塚憲司, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 泉啓介, 西岡安彦. 胸腔鏡下胸膜生検で診断しえた腎盂癌胸膜転移の1例. 第21回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 徳島. 2013年2月16日.

吉嶋輝実, 埴淵昌毅, 東桃代, 豊田優子, 河野弘, 岸潤, 竹ア彰夫, 岡ア弘泰, 長尾多美子, 鈴木麗子, 高開登茂子, 先山正二, 西岡安彦. 徳島大学病院職員における潜在性結核感染症の現状. 第63回日本結核病学会中国四国支部会. 徳島. 2013年2月16日.
2012年業績
【欧文総説】
Nishioka Y. Malignant pleural effusion: further translational research is crucial. Transl Lung Cancer Res 1(3):167-169, 2012.
【欧文原著】
Kuramoto T, Goto H, Mitsuhashi A, Tabata S, Ogawa H, Uehara H, Saijo A, Kakiuchi S, Maekawa Y, Yasutomo K, Hanibuchi M, Akiyama SI, Sone S, Nishioka Y. Dll4-Fc, an inhibitor of Dll4-Notch signaling, suppresses liver metastasis of small cell lung cancer cells through the downregulation of the NF-kappa-B activity. Mol Cancer Ther 11(12):2578-2587, 2012.

Kaneko MK, Kunita A, Abe S, Tsujimoto Y, Fukayama M, Goto K, Sawa Y, Nishioka Y, Kato Y. Chimeric anti-podoplanin antibody suppresses tumor metastasis through neutralization and antibody-dependent cellular cytotoxicity. Cancer Sci 103(11):1913-1919, 2012.

Takeuchi S, Wang W, Li Q, Yamada T, Kita K, Donev IS, Nakamura T, Matsumoto K, Shimizu E, Nishioka Y, Sone S, Nakagawa T, Uenaka T, Yano S. Dual inhibition of Met kinase and angiogenesis to overcome HGF-induced EGFR-TKI resistance in EGFR mutant lung cancer. Am J Pathol 181(3):1034-1043, 2012.

Tabata S, Ikeda R, Yamamoto M, Furukawa T, Kuramoto T, Takeda Y, Yamada K, Haraguchi M, Nishioka Y, Sone S, Akiyama S. Thymidine phosphorylase enhances reactive oxygen species generation and interleukin-8 expression in human cancer cells. Oncol Rep 28(3):895-902, 2012.

Van TT, Hanibuchi M, Goto H, Kuramoto T, Yukishige S, Kakiuchi S, Sato S, Sakaguchi S, Dat le T, Nishioka Y, Akiyama S, Sone S. SU6668, a multiple tyrosine kinase inhibitor, inhibits progression of human malignant pleural mesothelioma in an orthotopic model. Respirology 17(6):984-990, 2012.

Dat le T, Matsuo T, Yoshimaru T, Kakiuchi S, Goto H, Hanibuchi M, Kuramoto T, Nishioka Y, Sone S, Katagiri T. Identification of genes potentially involved in bone metastasis by genome-wide gene expression profile analysis of non-small cell lung cancer in mice. Int J Oncol 40(5):1455-1469, 2012.

Homma S, Azuma A, Taniguchi H, Ogura T, Mochiduki Y, Sugiyama Y, Nakata K, Yoshimura K, Takeuchi M, Kudoh S; Japan NAC Clinical Study Group. Efficacy of inhaled N-acetylcysteine monotherapy in patients with early stage idiopathic pulmonary fibrosis. Respirology 17(3):467-477, 2012.

Ogawa H, Azuma M, Uehara H, Takahashi T, Nishioka Y, Sone S, Izumi K. Nerve growth factor derived from bronchial epithelium after chronic mite antigen exposure contributes to airway hyperresponsiveness by inducing hyperinnervation, and is inhibited by in vivo siRNA. Clin Exp Allergy 42(3):460-470, 2012.

Aono Y, Ledford JG, Mukherjee S, Ogawa H, Nishioka Y, Sone S, Beers MF, Noble PW, Wright JR. SP-D regulates effector cell function and fibrotic lung remodeling in response to bleomycin injury. Am J Respir Crit Care Med 185(5):525-536, 2012.

Gabr AG, Goto H, Hanibuchi M, Ogawa H, Kuramoto T, Suzuki M, Saijo A, Kakiuchi S, Trung VT, Sakaguchi S, Moriya Y, Sone S, Nishioka Y. Erlotinib prevents experimental metastases of human small cell lung cancer cells with no epidermal growth factor receptor expression. Clin Exp Metastasis 29(3):207-216, 2012.

Wang W, Li Q, Takeuchi S, Yamada T, Koizumi H, Nakamura T, Matsumoto K, Mukaida N, Nishioka Y, Sone S, Nakagawa T, Uenaka T, Yano S. Met kinase inhibitor E7050 reverses three different mechanisms of hepatocyte growth factor-induced tyrosine kinase inhibitor resistance in EGFR mutant lung cancer. Clin Cancer Res 18(6):1663-1671, 2012.

Tezuka T, Azuma M, Goto H, Nishioka Y, Sone S. Psychiatric symptoms in a patient with Churg-Strauss syndrome. Intern Med 51(3):301-303, 2012.

Miyake K,, Tani K, Kakiuchi S, Suzuka C, Toyoda Y, Kishi J, Tezuka T, Yuasa S, Hanibuchi M, Aono Y, Nishioka Y, Sone S. Epidermal growth factor tyrosine kinase inhibitor (gefitinib) augments pnumonitis, but attenuates lung fibrosis in response to radiation injury in rats. J Med Invest 59(1-2):174-185, 2012.
【和文著書】
西岡安彦. 薬物療法. 間質性肺炎を究める, 滝澤始編集. 2012. pp86-95. 株式会社メジカルビュー社.

岸潤. 真菌感染症. 膠原病の肺合併症 診療マニュアル, 宮坂信之編. 2012. pp147-153. 医薬ジャーナル社.

西岡安彦. 膠原病の肺合併症−検査の基本−. 膠原病の肺合併症 診療マニュアル, 宮坂信之編. 2012. pp43-51. 医薬ジャーナル社.
【和文総説】
後東久嗣. 目でみるトレーニング. Medicina 49(8):1434,1437, 2012.

青野純典, 西岡安彦. がん分子標的薬に合併する間質性肺炎. Medical Science Digest 38(9):396-399, 2012.

西岡安彦. がん分子標的治療における一体化開発の現状と展望. がん分子標的治療 10(4):267-275, 2012.

西岡安彦. 難治性呼吸器疾患の治療法の開発を目指して. 呼吸 31(7):587-588, 2012.

西岡安彦, 曽根三郎. 呼吸器疾患におけるトランスレーショナルリサーチ:現状と将来展望. 呼吸器内科 21(6):483-484, 2012.

青野純典, Jo Rae Wright, 西岡安彦. 肺線維症におけるSP-Dの防御的役割. 分子呼吸器病 16(1):147-150, 2012.

岸潤, 西岡安彦. サルコイドーシスモデルと新規治療標的. 分子呼吸器病 16(1):56-58, 2012.

埴淵昌毅, 西岡安彦. 肺がんと炎症. 最新医学 67(3):479-484, 2012.

後東久嗣. 肺の生体防御機構におけるサーファクタント蛋白Aの役割. 呼吸 31(1):79-89, 2012.
【和文原著】
坂本晋一, 梶浦耕一郎, 滝沢宏光, 中川靖士, 池田真由美, 古川尊子, 森本雅美, 西野豪志, 後藤正和, 中川美砂子, 山本洋太, 古北由仁, 武知浩和, 吉田光輝, 川上行奎, 田所由紀子, 先山正二, 近藤和也, 坂東良美, 岡崎弘泰, 後東久嗣, 西岡安彦, 丹黒章. Erlotinib でinduction therapy を行ったVA期非小細胞肺癌の1手術例. 四国医誌 68(5,6):251-256, 2012.

後東久嗣, 青野純典, 西岡安彦.肺の生体防御機構におけるサーファクタント蛋白Aの役割. 日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 43:9-15, 2012.

矢野祖, 西條敦郎, 近藤真代, 河野弘, 豊田優子, 柿内聡司, 岸潤, 埴淵昌毅, 古川貴大, 藤田浩司, 西岡安彦. 神経根障害で発症した神経サルコイドーシスの一例. 四国医誌 68(3,4):153-158, 2012.
【学会発表-国際学会】
Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Takuya Kuramoto, Sho Tabata, Sawaka Yukishige, Shinji Abe, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Atsuro Saijo, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Seiji Yano, Julie G. Ledford, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in nude mice via modulating host immune response. Tokushima University-Seoul National University-KAIST joint meeting, Seoul, Korea. 2012年12月20日.

Masaki Hanibuchi, Sun-Jin Kim, Kenji Otsuka, Sho Tabata, Takuya Kuramoto, Hisasugu Goto, Yasuhiko Nishioka, Isaiah J Fidler. Eradication of experimental brain metastases of human non-small cell lung cancer by macitentan, a dual antagonist of the endothelin A and B receptor, combined with paclitaxel. Markers in Cancer 2012 : A Joint Meeting by ASCO, EORTC and NCI. Hollywood, FL. 2012年10月12日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Takuya Kuramoto, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Sho Tabata, Atsuro Saijo, Jo Rae Wright, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in an experimental lung metastasis model.14th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society, Brisbane, Australia. 2012年9月4日.

Takuya Kuramoto, Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Sho Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Atsuro Saijo, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Shin-ichi Akiyama, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Dll4-Fc, an inhibitor of Dll4-notch signaling, suppresses liver metastasis of small cell lung cancer cells through down-regulation of NF-kappa-B activity.14th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society. Brisbane, Australia. 2012年9月4日.

Yasuhiko Nishioka, Shinji Abe, Yuki Morita, Mika Kato Kaneko, Masaki Hanibuchi, Hisatsugu Goto, Soji Kakiuchi, Yoshinori Aono, Jun Huang, Atsushi Mitsuhashi, Seidai Sato, Kazuo Minakuchi, Yukinari Kato. Antitumor effects of anti-podoplanin antibody NZ-1 against malignant mesothelioma. 14th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society. Brisbane, Australia. 2012年9月3日.

Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Takuya Kuramoto, Masaki Hanibuchi, Soji Kakiuchi, Sho Tabata, Atsuro Saijo, Shin-ichi Akiyama, Jo Rae Wright, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in an experimental lung metastasis model. ATS 2012 International Conference. San Francisco, CA. 2012年5月23日.

Yasuhiko Nishioka, Shinji Abe, M.K. Kaneko, Yoshinori Aono, Jun Huang, Hisatsugu Goto, Masatoshi Kishuku, Masaki Hanibuchi, Saburo Sone, Kazuo Minakuchi, Yukinari Kato. Antitumor effects of anti-podoplanin antibody NZ-1 against malignant mesothelioma via ADCC. ATS 2012 International Conference. San Francisco, CA. 2012年5月23日.

Shuichi Abe, Hiroyasu Okazaki, Masami Kishi, Akio Takezaki, Katsuhiro Kinoshita, Momoyo Azuma, Jun Kishi, Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka. Fibrocyte regulates lung fibroblast function. ATS 2012 International Conference. San Francisco, CA. 2012年5月22日.

Yoshinori Aono, Masami Kishi, Yasuhiko Nishioka. Different functions of PDGF receptor-alpha and beta in lung fibrosis. ATS 2012 International Conference. San Francisco, CA. 2012年5月22日.

Takuya Kuramoto, Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Sho Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Seidai Sato, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Shin-ichi Akiyama, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Dll4-Fc, an inhibitor of Dll4-notch signaling, suppresses liver metastasis of small cell lung cancer cells through down-regulation of NF-kappa-B activity. AACR Annual Meeting 2012. Chicago, IL. 2012年4月2日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦. 間質性肺炎の診断と治療:最近の進歩. 第26回日本臨床内科医学会(教育講演). 徳島. 2012年10月7日.

西岡安彦. 間質性肺炎診療の現状と課題. 第47回日本呼吸器学会中国・四国地方会(呼吸器セミナー).下関. 2012年7月21日.

田畑祥, 池田龍二, 山本雅達, 古川龍彦, 倉本卓哉, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦, 曽根三郎, 秋山伸一. ヒト癌細胞のROS産生および生存におけるチミジン異化作用の役割. 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会(ワークショップ). 北九州. 2012年6月28日.

Jun Huang, Shinji Abe, Yuki Morita, Shuji Ozaki, Masatoshi Kishuku, Kazuo Minakuchi, Masaki Hanibuchi, Toshio Matsumoto, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Antibody-dependent cellular cytotoxicity against mesothelioma cells mediated by anti-HM 1.24 antibodies. 第52回日本呼吸器学会学術講演会(English Mini-Symposium). 神戸. 2012年4月22日.

青野純典, Jo Rae Wright, 後東久嗣, 西岡安彦. 肺損傷・修復とSP-D:抗線維化の視点から. 第52回日本呼吸器学会学術講演会(シンポジウム). 神戸. 4月22日.

Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Takuya Kuramoto, Syo Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Shin-ichi Akiyama, Jo Rae Wright, Saburo Sone, Yasuhiko Nishioka. Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in nude mice via modulating host immune response. 第52回日本呼吸器学会学術講演会(English Mini-Symposium). 神戸. 2012年4月21日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 黄俊, 埴淵昌毅, 曽根三郎, 西岡安彦. 悪性胸膜中皮腫に対するヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体療法の検討. 第25回日本バイオセラピィ学会学術集会総会. 岡山. 2012年12月14日.

田島壮一郎, 櫻田巧, 柿内聡司, 上松卓, 片島るみ, 寺岡和彦, 久次米敏秀, 川添和義, 西岡安彦, 楊河宏章, 水口和生. UGT1A1遺伝子のヘテロ接合体(*6または*28)を持つイリノテカン投与患者における治療安全性ならびに継続性に関する検討. 第33回日本臨床薬理学会学術総会 . 沖縄. 2012年11月29日.

埴淵昌毅, 阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 木宿昌俊, 川添和義, 黄俊, 三橋惇志, 水口和生, 西岡安彦. 抗ポドプラニン抗体NZ-1の悪性胸膜中皮腫に対する抗体依存性細胞障害活性と抗腫瘍効果. 第53回日本肺癌学会総会. 岡山. 2012年11月9日.

豊田優子, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 手塚敏史, 後東久嗣, 西岡安彦. Patient-Reported-Outcome(PRO)による肺癌薬物療法の有効性の検討. 第53回日本肺癌学会総会. 岡山. 2012年11月8日.

元木由美, 阿部日登美, 猪内秀和, 埴淵昌毅, 武久洋三. 当院での耐性菌に対する取り組み. 第20回日本慢性期医療学会. 福井. 2012年11月8日.

元木由美, 阿部日登美, 猪内秀和, 埴淵昌毅, 武久洋三. 当院での耐性菌に対する取り組み. 第54回全日本病院学会. 横浜. 2012年9月21日.

田畑祥, 池田龍二, 山本雅達, 古川龍彦, 倉本卓哉, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦, 曽根三郎, 秋山伸一. ヒト癌細胞の生存におけるチミジン異化作用の役割. 第71回日本癌学会学術総会. 札幌. 2012年9月20日.

西岡安彦, 阿部真治, 木宿昌俊, 川添和義, 黄俊, 埴淵昌毅, 水口和生, 曽根三郎, 加藤幸成. 悪性胸膜中皮腫に対するラット‐ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体NZ-8の抗腫瘍効果. 第71回日本癌学会学術総会. 札幌. 2012年9月19日.

加藤幸成, 国田朱子, 西岡安彦. 抗ポドプラニン抗体による転移抑制効果の検討. 第71回日本癌学会学術総会. 札幌. 2012年9月19日.

レ タンダー, 松尾泰佑, 吉丸哲郎, 柿内聡司, 後東久嗣, 倉本卓哉, 三橋惇志, 曽根三郎, 西岡安彦, 片桐豊雅. 肺癌の骨転移を制御する新規転写因子LBMTFの機能解析. 第71回日本癌学会学術総会. 札幌. 2012年9月19日.

辻本雄太, 国田朱子, 西岡安彦, 加藤幸成. ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体による転移抑制効果の検討. 第21回日本がん転移学会学術集会・総会. 広島. 2012年7月12日.

大塚憲司, 埴淵昌毅, 後東久嗣, 西岡安彦, 曽根三郎, Fidler Isaiah J. Endothelin 受容体拮抗剤による肺癌脳転移抑制効果の検討. 第21回日本がん転移学会学術集会・総会. 広島. 2012年7月12日.

倉本卓哉, 後東久嗣, 三橋惇志, 田畑祥, 上原久典, 西條敦郎, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 前川洋一, 安友康二, 秋山伸一, 曽根三郎, 西岡安彦. 小細胞肺がん転移におけるDll4-Notchシグナルの臓器特異性に関する検討. 第21回日本がん転移学会学術集会・総会. 広島. 2012年7月12日.

三橋惇志, 後東久嗣, 倉本卓哉, 田畑祥, 小川博久, 上原久典, 秋山伸一, Wright Jo Rae, 曽根三郎, 西岡安彦. 肺surfactant protein A(SP-A)の肺癌進展における機能解析. 第21回日本がん転移学会学術集会・総会. 広島. 2012年7月12日.

西岡安彦, 阿部真治, 加藤幸成, 木宿昌俊, 川添和義, 黄俊, 埴淵昌毅, 水口和生, 曽根三郎. 悪性胸膜中皮腫に対するヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体NZ-8の抗腫瘍効果. 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会. 北九州. 2012年6月28日.

加藤幸成, 阿部真治, 水口和生, 西岡安彦. ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体による転移抑制機序の解明. 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会. 北九州. 2012年6月28日.

倉本卓哉, 後東久嗣, 佐藤正大, 三橋惇志, 田畑祥, 西條敦郎, 上原久典, Welm Alana, 埴淵昌毅, 秋山伸一, 曽根三郎, 西岡 安彦. ヒト肺がん多臓器転移モデルにおけるMacrophage-stimulating protein の役割に関する検討. 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会. 北九州. 2012年6月28日.

豊田優子, 埴淵昌毅, 柿内聡司, 櫻田巧, 後東久嗣, 手塚敏史, 岸潤, 青野純典, 西岡安彦. 当科における終末期の鎮静についての検討. 第17回日本緩和医療学会学術大会. 神戸. 2012年6月23日.

西條敦郎, 柿内聡司, 香西博之, 大塚憲司, 山子泰斗, 手塚敏史, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦. Cycleave法とPCR-Clamp法によるEGFR遺伝子変異測定結果とEGFRチロシンキナーゼ阻害剤の治療効果との相関. 第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京. 2012年5月31日.

河野弘, 岸昌美, 手塚敏史, 豊田優子, 岸潤, 西岡安彦. 腹部大動脈周囲炎を伴ったgranulomatosis with polyangiitisの1例. 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会. 東京. 2012年4月27日.

早稲田優子, 松井祥子, 山本洋, 藤村政樹, 有田真知子, 石井寛, 駒崎義利, 杉山幸比古, 渡辺正樹, 臼井裕, 河村哲治, 小林英夫, 西岡安彦, 本間栄, 小倉高志. IgG4関連疾患(IgG4RD)の呼吸器病変における臨床画像病理学的検討. 第52回日本呼吸器学会学術講演会. 神戸. 2012年4月22日.

阿部秀一, 岡ア弘泰, 岸昌美, 竹ア彰夫, 木下勝弘, 東桃代, 岸潤, 青野純典, 西岡安彦. Fibrocyteの肺線維芽細胞機能に及ぼす効果の検討. 第52回日本呼吸器学会学術講演会. 神戸. 2012年4月20日.

岸昌美, 青野純典, 竹崎彰夫, 東桃代, 岸潤, 西岡安彦. 当院におけるピルフェニドン投与症例の検討. 第52回日本呼吸器学会学術講演会. 神戸. 2012年4月20日.

阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 木宿昌俊, 川添和義, 東満美, 水口和生, 曽根三郎, 西岡安彦. 悪性胸膜中皮腫に対する抗ポドプラニン抗体NZ-1の抗腫瘍効果に関する検討. 第52回日本呼吸器学会学術講演会. 神戸. 2012年4月20日.

柿内聡司, 埴淵昌毅, 田岡隆成, 西條敦郎, 手塚敏史, 豊田優子, 後東久嗣, 高橋正幸, 金山博臣,西岡安彦. mTOR阻害剤投与症例における間質性肺障害の臨床的特徴. 第109回日本内科学会総会・講演会. 京都. 2012年4月15日.
【学会発表-国内地方学会】
村上永尚, 島谷佳光, 山子泰斗, 大崎裕亮, 宮城愛, 森敦子, 野寺裕之, 和泉唯信, 西岡安彦, 梶龍兒. 多彩な神経症状を呈した小細胞肺癌の1例. 第107回日本内科学会四国地方会. 松山. 2012年12月8日.

香川耕造, 河野弘, 藤田浩司, 村上永尚, 手塚敏史, 岸潤, 埴淵昌毅, 梶龍兒, 西岡安彦. MPO-ANCA関連肥厚性硬膜炎の1例. 第107回日本内科学会四国地方会. 松山. 2012年12月2日.

米田浩人, 大塚憲司, 青野純典, 豊田優子, 西野豪志, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦.難治性の腎性・肝性胸水に対して胸腔−腹腔シャントが奏効した1例. 第107回日本内科学会四国地方会. 松山. 2012年12月2日.

河野弘, 豊田優子, 岸潤, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 抗CCP抗体高値を呈し、関節炎を伴わずに発症したステロイド抵抗性器質化肺炎の1例. 第23回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会. 宇部. 2012年10月20日.

埴淵昌毅, 長尾多美子, 鈴木麗子, 高開登茂子, 東桃代, 西岡安彦. 潜在性結核感染症(latent tuberculosis infection: LTBI)に対する治療の現状と問題点. 第6回日本結核病学会中国四国支部研究会. 岡山. 2012年9月29日.

中西嘉憲, 河野弘, 阿部秀一, 竹ア彰夫, 後東久嗣, 青野純典, 埴淵昌毅, 先山正二, 福田悠, 西岡安彦. 特発性肺骨化症の1例. 第47回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 下関. 2012年7月21日.

香川耕造, 西條敦郎, 柿内聡司, 大塚憲司, 山子泰斗, 手塚敏史, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦.測定法によりEGFR変異の測定結果に解離がみられた非小細胞肺癌の3例. 第51回日本肺癌学会中国・四国支部会. 下関. 2012年7月20日.

米田浩人, 青野純典, 岸昌美, 豊田優子, 近藤真代, 岡ア弘泰, 岸潤, 埴淵昌毅, 監崎孝一郎, 福田悠, 西岡安彦. 高IgG血症の長期間の経過観察中に多中心性キャッスルマン病の診断に至った一例. 第47回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 下関. 2012年7月20日.

大塚憲司, 豊田優子, 岸潤, 青野純典, 埴淵昌毅, 西岡安彦, 原知也, 山口浩司, 佐田政隆. 心筋炎を合併したChurg-Strauss症候群の1例. 第106回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2012年6月17日.

田岡志保, 河野弘, 手塚敏史, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 西岡安彦, 岡本耕一, 高山哲治. FDG-PET/CTにより小腸転移を発見した肺癌の2症例. 第106回日本内科学会四国地方会. 徳島. 2012年6月17日.

近藤真代, 豊田優子, 阿部秀一, 河野弘, 岸昌美, 竹ア彰夫, 東桃代, 柿内聡司, 後東久嗣, 青野純典, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 病勢に関連してCA19-9の変動を認めた非結核性抗酸菌症の1例. 第20回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 出雲. 2012年3月3日.

香西博之, 手塚敏史, 河野弘, 竹ア彰夫, 東桃代, 柿内聡司, 後東久嗣, 岸潤, 青野純典, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 非結核性抗酸菌症を合併したサルコイドーシスの1例. 第20回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 出雲. 2012年3月3日.

竹ア彰夫, 西條敦郎, 大塚憲司, 岸昌美, 手塚敏史, 柿内聡司, 後東久嗣, 岸潤, 青野純典, 埴淵昌毅, 西岡安彦. 当科で経験した肺胞出血4症例の臨床的検討. 第20回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 出雲. 2012年3月3日.
2011年業績
【欧文総説】
Yano S, Li Q, Wang W, Yamada T, Takeuchi S, Nakataki E, Ogino H, Goto H, Nishioka Y, Sone S. Antiangiogenic therapies for malignant pleural mesothelioma. Front Biosci 16:740-748, 2011.

Nishioka Y, Aono Y, Sone S. Role of tyrosine kinase inhibitors in tumor immunology. Immunotherapy 3:107-116, 2011.
【欧文原著】
Yamada T, Bando H, Takeuchi S, Kita K, Li Q, Wang W, Akinaga S, Nishioka Y, Sone S, Yano S. Genetically engineered humanized anti-ganglioside GM2 antibody against multiple organ metastasis produced by GM2-expressing small-cell lung cancer cells. Cancer Sci 102:2157-2163, 2011.

Azuma A, Taguchi Y, Ogura T, Ebina M, Taniguchi H, Kondoh Y, Suga M, Takahashi H, Nakata K, Sato A, Kudoh S, Nukiwa T, Pirfenidone Clinical Study Group in Japan. Exploratory analysis of a phase III trial of pirfenidone identifies a subpopulation of patients with idiopathic pulmonary fibrosis as benefiting from treatment. Respir Res 12:143-153, 2011.

Li Q, Wang W, Yamada T, Matsumoto K, Sakai K, Bando Y, Uehara H, Nishioka Y, Sone S, Iwakiri S, Itoi K, Utsugi T, Yasumoto K, Yano S. Pleural mesothelioma instigates tumor-associated fibroblasts to promote progression via a malignant cytokine Nnetwork. Am J Pathol 179:1483-1493, 2011.

Goto H, Hanibuchi M, Sakaguchi S, Kanematsu T, Kakiuchi S, Tomimoto H, Azuma M, Tezuka T, Tada H, Miki Y, Nakamura T, Sone S, Nishioka Y. Investigation of the outpatient chemotherapy for lung cancer patients in Tokushima University Hospital. J Med Invest 58:219-226, 2011.

Batmunkh R, Nishioka Y, Aono Y, Azuma M, Kinoshita K, Kishi J, Makino H, Kishi M, Takezaki A, Sone S. CCN6 as a profibrotic mediator that stimulates the proliferation of lung fibroblasts via the integrin β1/focal adhesion kinase pathway. J Med Invest 58:188-196, 2011.

Van TT, Hanibuchi M, Kakiuchi S, Sato S, Kuramoto T, Goto H, Mitsuhashi A, Nishioka Y, Akiyama SI, Sone S. The therapeutic efficacy of S-1 against orthotopically implanted human pleural mesothelioma cells in severe combined immunodeficient mice. Cancer Chemother Pharmacol 68:497-504, 2011.

Kishi J, Nishioka Y, Kuwahara T, Kakiuchi S, Azuma M, Aono Y, Makino H, Kinoshita K, Kishi M, Batmunkh R, Uehara H, Izumi K, Sone S. Blockade of Th1 chemokine receptors ameriolates pulmonary granulomatosis in mice. Eur Respir J 38:415-424, 2011.

Ogino H, Hanibuchi M, Kakiuchi S, Trung VT, Goto H, Ikuta K, Yamada T, Uehara H, Tsuruoka A, Uenaka T, Wang W, Li Q, Takeuchi S, Yano S, Nishioka Y, Sone S.E7080 suppresses hematogenous multiple organ metastases of lung cancer cells with nonmutated epidermal growth factor receptor. Mol Cancer Ther 10:1218-1228, 2011.

Taniguchi H, Kondoh Y, Ebina M, Azuma A, Ogura T, Taguchi Y, Suga M, Takahashi H, Nakata K, Sato A, Sugiyama Y, Kudoh S, Nukiwa T. Pirfenidone Clinical Study Group in Japan. The clinical significance of 5% change in vital capacity in patients with idiopathic pulmonary fibrosis: extended analysis of the pirfenidone trial. Respir Res 12:93-101, 2011.

Tomimoto H, Hanibuchi M, Ogushi F, Okano Y, Shinohara T, Doi H, Yamamoto A, Takeuchi E, Yamamoto A, Azuma M, Tada H, Kanematsu T, Kakiuchi S, Goto H, Yano S, Nishioka Y, Sone S. A multi-institutional phase II study of combination chemotherapy with S-1 plus cisplatin in patients with advanced non-small cell lung cancer. Oncology Lett 2:465-470, 2011.

Donev IS, Wang W, Yamada T, Li Q, Takeuchi S, Matsumoto K, Yamori T, Nishioka Y, Sone S, Yano S. Transient PI3K inhibition induces apoptosis and overcomes HGF-mediated resistance to EGFR-TKIs in EGFR mutant lung cancer. Clin Cancer Res 17:2260-2269, 2011.

Yokoi K, Hawke D, Oborn CJ, Jang JY, Nishioka Y, Fan D, Kim SW, Kim SJ, Fidler IJ. Identification and validation of Src and phospho-Src family proteins in circulating mononuclear cells as novel biomarkers for pancreatic cancer. Transl Oncol 4:83-91, 2011.

Sakai T, Furoku S, Nakamoto M, Shuto E, Hosaka T, Nishioka Y, Sone S. Soy isoflavone equol perpetuates dextran sulfate sodium-induced acute colitis in mice. Biosci Biotechnol Biochem 75:593-595, 2011.

Ogawa H, Azuma M, Muto S, Nishioka Y, Honjo A, Tezuka T, Uehara H, Izumi K, Itai A, Sone S. IkB kinase b inhibitor IMD-0354 suppresses airway remodelling in a Dermatophagoides pteronyssinus -sensitized mouse model of chronic asthma. Clin Exp Allergy 41:104-115, 2011.
【和文著書】
西岡安彦. ベバシズマブ 分子標的治療薬−最新の選び方・使い方−. がん診療レクチャー 2, 石岡千加史編. 2011. pp262-263. 総合医学社.

木下勝弘, 西岡安彦. 文献検索の仕方, 医学論文の読み方・書き方, 学会への取り組み方, 大学院・医学博士・留学について, 呼吸器科医にとって研究とは何か? 呼吸器 研修ノート, 芦澤和人, 大泉聡史, 沖永壮治, 服部登, 星川康編. 2011. pp82-93. 診断と治療社.
【和文総説】
青野純典, 西岡安彦. 膠原病と関連したびまん性肺疾患. 総合臨床 60:2463-2469, 2011.

西岡安彦. Gremlinと特発性間質性肺炎. 呼吸 30:955-958, 2011.

曽根三郎. 医学研究におけるCOIマネージメント. 感染症学会雑誌 85:396-397, 2011.

埴淵昌毅. QOL評価法としてのpatient-reported outcome(PRO)とは. CLITICAL EYES on Clinical Oncology 40:11, 2011.

岸昌美, 曽根三郎. 胸膜炎, 膿胸. Medical Practice 28(増):334-338, 2011.

木下勝弘, 西岡安彦. 薬剤性肺障害の最新の知見. 分子呼吸器病 15(1):66-68, 2011.

後東久嗣, Julie G Ledford, Sambuddho Mukherjee, 西岡安彦, 曽根三郎, Jo Rae Wright. 急性肺損傷におけるSurfactant Protein Aの役割. 分子呼吸器病15:74-76, 2011.
【和文原著】
藤岡啓介, 西條敦郎, 豊田優子, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 竹内恭子, 藤井志朗, 中村信元, 宇高憲吾, 賀川久美子, 安倍正博, 水谷友哉, 西岡安彦. 皮膚ランダム生検が診断に有効であった血管内リンパ腫の一例. 四国医学雑誌 67:257-262, 2011.

兼松貴則, 豊田優子, 後東久嗣, 阿部秀一, 河北直也, 先山正二, 西岡安彦, 曽根三郎. 肺多発結節病変を呈した原発性肺平滑筋肉腫の1例. 日本呼吸器学会雑誌 49:167-171, 2011.

木下勝弘, 西岡安彦, 岸昌美, 竹崎彰夫, 青野純典, 東桃代, 岸潤, 上原久典, 泉啓介, 曽根三郎. 疾患形成における標的分子の役割 FAKシグナルの肺線維化における役割 ブレオマイシン肺線維症モデルでの検討. 分子呼吸器病 15:124-127, 2011.
【学会発表-国際学会】
Masaki Hanibuchi, Shinji Abe, Masatoshi Kisyuku, Soji Kakiuchi, Kasuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato, Yasuhiko Nishioka. Targeted therapy for mesothelioma using anti-podoplanin antibody NZ-1 via ADCC. 5th EORTC-NCI-ASCO Annual Meeting on 'Molecular Markers in Cancer'. Brussels, Belgium. 2011年10月27日.

Saburo Sone, Seiji Yano. Role of hepatocyte growth factor in resistance acquisition to EGFR-TK inhibitor (Gefitinib/Erlotinib) in EGFR mutant lung cancer patients. The 19th Catholic allergic and Respiratory Workshop. Seoul, Korea. 2011年6月26日.

Yasuhiko Nishioka. Novel targets for treatment of pulmonary fibrosis: lessons from animal study for the clinic. The 19th Catholic allergic and Respiratory Workshop. Seoul, Korea. 2011年6月26日.

Katsuhiro Kinoshita, Yasuhiko Nishioka, Masami Kishi, Momoyo Azuma, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Akio Takezaki, S. Hatakeyama, E. Kawahara, Saburo Sone. Antifibrotic effects of focal adhesion kinase inhibitor in bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice. ATS 2011 International Conference. Denver, CO. 2011年5月18日.

Yoshinori Aono, J.G. Ledford, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone, M.F. Beers, J.R. Wright. SP-D attenuates bleomycin induced lung fibrosis via regulating recruitment and activation of macrophages and fibrocytes.ATS 2011 International Conference. Denver, CO. 2011年5月18日.

Atsushi Mitsuhasi, Hisatsugu Goto, Takuya Kuramoto, Soji Kakiuchi1, Seidai Sato, Van The Trung, Atsuro Saijo, Makoto Tobiume, Kenji Otsuka, Yasuhiko Nishioka, Jo Rae Wright, Saburo Sone. Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in an experimental lung metastasis model. ATS 2011 International Conference. Denver, CO. 2011年5月17日.

Momoyo Azuma, Yasuhiko Nishioka, Reham Mohammed El-morshedy, Jun Kishi, Masami Kishi, Katsuhiro Kinoshita, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Saburo Sone. The role of sphingosine 1-phospate (SIP) signaling in pulmonary fibrosis. ATS 2011 International Conference. Denver, CO. 2011年5月15日.
【学会発表-国内学会(特別講演・シンポジウム・ワークショップ)】
西岡安彦. 分子標的治療における一体化開発への期待. JAMTTC・JSGDT合同シンポジウム 東京. 2011年12月9日.

後東久嗣, 青野純典, 西岡安彦. 肺の生体防御機構におけるサーファクタント蛋白Aの役割. 日本肺サーファクタント・界面医学会第47回学術研究会(教育講演). 徳島. 2011年10月29日.

西岡安彦, 辻本雄太, 加藤幸成, 曽根三郎. ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体の活性評価. 第20回日本がん転移学会学術集会(ワークショップ). 静岡. 2011年6月30日.

加藤幸成, 西岡安彦, 阿部真治, 水口和夫, 曽根三郎. 悪性グリオーマに対する抗ポドプラニン抗体NZ-1の活性評価. 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会(ワークショップ). 東京. 2011年6月24日.

倉本卓哉, 後東久嗣, 柿内聡司, 小川博久, 三橋惇志, 田畑祥, 佐藤正大, 前川洋一, 安友康二, 西岡安彦, 秋山伸一, 曽根三郎. 小細胞肺がん転移におけるDLL4-Notchシグナルの臓器特異性に関する検討. 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会(ワークショップ). 東京. 2011年6月24日.

東桃代. 臨床薬剤師とTDM〜医師とのコミニュケーションの重要性〜. 第28回日本TDM学会・学術大会(シンポジウム). 広島. 2011年6月18日.

木下勝弘, 西岡安彦, 岸昌美, 東桃代, 青野純典, 竹崎彰夫, 上原久典, 畠山慎二, 河原英治, 曽根三郎. ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるFAK阻害剤TAE226の抗線維化効果の検討. 第51回日本呼吸器学会学術講演会(シンポジウム). 東京. 2011年4月24日.
【学会発表-国内学会(一般演題)】
阿部真治, 加藤幸成, 金子美華, 黄俊, 埴淵昌毅, 曽根三郎, 西岡安彦. 悪性胸膜中皮腫に対する抗ポドプラニン抗体療法の検討. 第24回日本バイオセラピィ学会学術集会総会. 和歌山. 2011年12月1日.

手塚敏史, 小川博久, 吾妻雅彦, 西岡安彦, 曽根三郎. Plasminogen Activator Inhibitor-1阻害剤(IMD-4690)の慢性喘息モデルマウスにおける検討. 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京. 2011年11月10日.

三橋惇志, 後東久嗣, 倉本卓哉, 柿内聡司, 佐藤正大, Ttung The Van, 西條敦郎, 田畑祥, 小川博久, 上原久典, 秋山伸一, 西岡安彦, Jo Rae Wright, 曽根三郎. 肺サーファクタント蛋白SP-A肺がん進展における機能解析. 日本肺サーファクタント・界面医学会第47回学術研究会. 徳島. 2011年10月29日.

青野純典, 西岡安彦. 肺線維症におけるSP-Dの防御的役割. 日本肺サーファクタント・界面医学会第47回学術研究会. 徳島. 2011年10月29日.

西岡安彦, 加藤幸成, 埴淵昌毅, 曽根三郎. 悪性胸膜中皮腫に対する抗ポドプラニン抗体NZ-1の抗腫瘍効果. 第70回日本癌学会学術総会. 名古屋. 2011年10月5日.

田畑祥, 山本雅達, 池田龍二, 古川龍彦, 倉本卓哉, 西岡安彦, 曽根三郎, 秋山伸一. チミジンホスホリラーゼによってチミジンから派生した糖の解糖系への移行. 第70回日本癌学会学術総会. 名古屋. 2011年10月3日.

レ タンダー, 松尾泰佑, 吉丸哲郎, 倉本卓哉, 埴淵昌毅, 後東久嗣, 柿内聡司, 西岡安彦, 曽根三郎, 片桐豊雅. ヒト非小細胞肺癌の多臓器転移モデルマウスを用いた骨転移関連遺伝子の網羅的解析. 日本癌学会学術総会. 名古屋. 2011年10月3日.

佐藤正大, 後東久嗣, 倉本卓哉, 小川博久, 三橋惇志, テバン チュン, 柿内聡司, 田畑祥, 秋山伸一, 西岡安彦, 曽根三郎. ヒト肺がん多臓器転移モデルにおけるMacrophage Stimulationg Proteinの役割に関する検討. 第20回日本がん転移学会学術集会. 静岡. 2011年6月30日.

後東久嗣, アデル ガブル, 埴淵昌毅, 倉本卓哉, 柿内聡司, 佐藤正大, 田畑祥, テバン チュン, 小川博久, 秋山伸一, 西岡安彦, 曽根三郎. ヒト肺癌転移モデルにおけるerlotinibの宿主介在性抗腫瘍効果の検討. 第20回日本がん転移学会学術集会. 静岡. 2011年6月30日.

三橋惇志, 後東久嗣, 倉本卓哉, 柿内聡司, 佐藤正大, テバン チュン, 西條敦郎, 田畑祥, 秋山伸一, 西岡安彦, 曽根三郎. 肺サーファクタント蛋白SP-Aの肺癌進展における機能解析. 第20回日本がん転移学会学術集会. 静岡. 2011年6月30日.

佐藤正大, 西岡安彦, 曽根三郎, 大谷直子. がんマイクロRNAクラスターMir17-92発現の生体内イメージングとがん治療への応用. 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会. 東京. 2011年6月24日.

西岡安彦, 阿部真治, 加藤幸成, 木宿昌俊, 川添和義, 黄俊, 埴淵昌毅, 水口和夫, 曽根三郎. 抗ポドプラニン抗体NZ-1の悪性胸膜中皮腫に対する抗体依存性細胞障害活性と抗腫瘍効果. 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会. 東京. 2011年6月24日.

レ タン ダー, 松尾泰佑, 後東久嗣, 柿内聡司, 西岡安彦, 曽根三郎, 片桐豊雅. 肺癌の骨転移を制御する新たな転写因子の同定とその機能解析. 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会. 東京. 2011年6月24日.

田畑祥, 山本雅達, 池田龍二, 古川龍彦, 倉本卓哉, 西岡安彦, 曽根三郎, 秋山伸一. チミジンホスホリラーゼによってチミジンから派生した糖の解糖系への移行. 第15回日本がん分子標的治療学会学術集会. 東京. 2011年6月23日.

バン テ チュン, 埴淵昌毅, 後東久嗣, 柿内聡司, 倉本卓哉 レ タン ダー, 矢野聖二, 秋山伸一, 西岡安彦, 曽根三郎. 血管新生阻害剤TSU-68の悪性胸膜中皮腫同所移植モデルにおける抗腫瘍効果の検討.第15回日本がん分子標的治療学会学術集会. 東京. 2011年6月23日.

吾妻雅彦, 本淨晃史, 手塚敏史, 小川博久, 米田和夫, 葉久貴司, 杉田明美, 湊義彰, 西岡安彦, 曽根三郎. 徳島県における気管支喘息患者のコントロールに関する実態調査第2報. 第23回日本アレルギー学会春季臨床大会. 千葉. 2011年5月14日.

竹崎彰夫, 東桃代, 木下勝弘, 後東久嗣, 多田浩也, 吾妻雅彦, 西岡安彦, 曽根三郎. 当院における慢性壊死性肺アスペルギルス症に対するアムビゾームの使用経験. 第51回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2011年4月24日.

東桃代, 西岡安彦, Mohammed Elmorshedy Reham, 岸潤, 岸昌美, 木下勝弘, 竹崎彰夫, Jun Huang, 上原久典, 泉啓介, 秋山伸一, 曽根三郎. 肺線維症におけるスフィンゴシン-1-リン酸シグナルの検討. 第51回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2011年4月23日.

手塚敏史, 小川博久, 吾妻雅彦, 本浄晃史, 西岡安彦, 曽根三郎. 喘息モデルマウスの抗原感作におけるIKKβ-NF-κB経路の影響について. 第51回日本呼吸器学会学術講演会. 東京. 2011年4月22日.
【学会発表-国内地方学会】
岡ア弘泰, 豊田優子, 岸潤, 河野弘, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 榊美佳, 西岡安彦. 組織診断が得られた肝サルコイドーシスの2症例. 第22回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会. 松山. 2011年12月10日.

大塚憲司, 豊田優子, 柿内聡司, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 西岡安彦, 監ア孝一郎, 福森知治, 坂東良美. 多発結節影を呈したLangerhans cell histiocytosisの1例. 第105回日本内科学会四国地方会. 高松. 2011年11月6日.

近藤真代, 河野弘, 柿内聡司, 岸潤, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 近藤絵里, 合田正和, 石丸直澄, 西岡安彦. IgG4関連下垂体炎の1例. 第105回日本内科学会四国地方会. 高松. 2011年11月6日.

高橋直希, 飛梅亮, 手塚敏史, 豊田優子, 東桃代, 後東久嗣, 柿内聡司, 岸潤, 青野純典, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 曽根三郎, 西岡安彦, 高橋美紀子, 福田悠. 間質性肺炎の精査により診断されたIgG4関連疾患の1例. 第46回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 倉敷. 2011年7月16日.

香西博之, 豊田優子, 柿内聡司, 竹ア彰夫, 岸昌美, 大塚憲司, 手塚敏史, 後東久嗣, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 西岡安彦. 気胸を合併した肺癌10例についての検討. 第50回日本肺癌学会中国・四国支部会. 倉敷. 2011年7月15日.

田岡隆成, 岸昌美, 竹ア彰夫, 木下勝弘, 豊田優子, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 井ア博文, 高橋正幸, 福森知治, 金山博臣, 西岡安彦. 当院におけるmTOR阻害薬投与患者に発症した間質性肺炎の臨床的検討. 第46回日本呼吸器学会中国・四国地方会. 倉敷. 2011年7月15日.

太田理絵, 岩瀬俊, 久岡白陽花, 山田博胤, 西岡安彦, 高尾正一郎, 坂東佐知子, 能勢隼人, 楠瀬賢也, 仁木敏之, 冨田紀子, 上田由佳, 山口浩司, 竹谷善雄, 添木武, 若槻哲三, 赤池雅史, 曽根三郎, 佐田政隆. 心室固有調律が心病変診断のきっかけとなったサルコイドーシスの1例. 第98日本循環器学会 中国・四国合同地方会. 徳島. 2011年5月13日.

安積麻衣, 岩瀬俊, 仁木敏之, 若槻哲三, 佐田政隆, 赤池雅史, 高尾正一郎, 原田雅史, 西岡安彦, 曽根三郎. 眼, 肺, 筋病変に続いて経過中に新病変の顕在化を認めたサルコイドーシスの一例. 第104回日本内科学会四国地方会. 高知. 2011年5月8日.

木下勝弘, 佐藤正大, 後東久嗣, 柿内聡司, 埴淵昌毅, 吾妻雅彦, 西岡安彦, 曽根三郎. ベバシズマブが奏功した非小細胞肺癌の2症例. 第104回日本内科学会四国地方会. 高知. 2011年5月8日.

岸昌美, 西岡安彦, 豊田優子, 岸潤, 後東久嗣, 吾妻雅彦, 曽根三郎. 抗甲状腺薬服用中にMPO-ANCA関連血管炎症候群を発症した2例. 第104回日本内科学会四国地方会. 高知. 2011年5月8日.

仁木昌徳, 西條敦郎, 後東久嗣, 本淨晃史, 木下勝弘, 東桃代, 多田浩也, 吾妻雅彦, 西岡安彦, 曽根三郎. Clarithromycin、Amikacin、Imipenem/cilastatin、Moxifloxacinの併用療法が有効であった肺Mycobacterium abscessus感染症の1例. 第19回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 新居浜. 2011年1月22日.

飛梅亮, 佐藤正大, 豊田優子, 後東久嗣, 多田浩也, 西岡安彦, 曽根三郎. 異なるEGFR遺伝子変異を有する多発肺腺癌の一例. 第19回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会. 新居浜. 2011年1月22日.
徳島大学大学院医歯薬学研究部呼吸器・膠原病内科学分野
〒770-8503徳島県徳島市蔵本町3丁目18番地の15
TEL:088-633-7127 FAX:088-633-2134
Copyright Department of Respiratory Medicine and Rheumatology
Graduate School of Biomedical Sciences
Tokushima University